別れて3年後。友達の立会いの下再会。その後友人から復縁し結婚へ

公開日:  最終更新日:2019/03/15

50代になったばかりの専業主婦です。
製造業に携わっている夫と、高校生になる一人息子がいます。

自分で言うのも変な話なのですが、私と妹は昔から「箱入り」の状態で両親にとても大切に育てられてきました。
高校生の時の門限は19時、大学は実家から通いどんなことがあっても外泊は許されない家庭だったのです。

そんな家庭環境が影響してか、私は本当に世間知らずのまま社会に出ることになったのです。
世の中には基本的にいい人ばかりで悪い人はいない、誰しもが思い通りの人生を歩んでいる……真剣にそう信じ込んでいるほどでした。

社長以外は女性従業員ばかりの会社に就職。
もちろん住まいは実家です。
女の子は結婚するまで実家で暮らすのが当たり前というような一族なので、珍しいことではありません。

大学時代に親に内緒で彼氏がいた時期があったのですが、それは長続きせず半年ほどで破局していました。
22歳で就職してから2年ほど経過した時に大学時代の親友たちと食事をする機会があり、そこで出会ったのが今の夫。

夫のほうから交際の申し出があったのですが、実は私の方もかなり夫のことが気になっていたので快く承諾。
交際が始まると毎日がとても充実して楽しかったですね。

順調そうに見えた交際でしたが、半年もすると、私の世間知らずさに夫が驚くことが多くなりました。
そして次第に夫の笑顔が減っていき、いつの間にか会う機会も減っていきました。

「最近どうかした?」思い切って私が切り出すと、夫は寂しそうな表情を浮かべながら「ちょっとこのままは無理かもね」と。
夫は、妻になる女性には自立した大人の考え方を求めていることを知ったのです。

結局、それから間もなく私たちは破局。
男性との交際経験が少ないことが理由の一つだったのかもしれませんが、どうしても私は夫のことを忘れることができませんでした。

それなら自分が大人の女性に変身してやろう!と心に決め、一人になって時間もできたので英会話、テニス、ピアノなどの習い事を始めて、更には車を購入してドライブを楽しむように。
今までとは違った新しい人脈がどんどん増えて、刺激のある生活が始まりました。

また、厳しい父親を鳴きながら説得し、同じ市内にアパートを借りて一人暮らしを始めました。
今まで全くやったことのない契約や申し込みの手続き、ご近所や町内会との交流などを通じて少しずつ自分が成長していくのを実感しました。

夫の別れてから3年。
相変わらず好きなのは夫だけという自分の気持ちを抑えきれなくなり、共通の友人立ち合いの下で再会を果たしました。

私と別れてから夫は他の女性と少し交際したようでしたが、再開したときには彼女無しの状態。
私の近況を話すと夫は驚き、そしてとても優しい目で微笑んでくれました。
少しずつ大人として成長を続けている私に良い印象を抱いてくれたようでした。

再会から数週間後に夫から連絡があり、旧知の友達として食事に行ったりカラオケに行ったりという生活を送るようになりました。
その後、お互いにまだ未練が残っていることを確認し復縁することで合意。
復縁から3年ほど経った時に、ついにめでたくゴールインしたのです。

夫と出会った時には、お互いにまだ子供で将来のことを真剣に考える準備が整っていなかったのだと思います。
私は世間知らずで夫は仕事と遊びに精一杯でしたから。

二人に将来があるのか無いのかは、出会ったタイミングによると思います。
不幸にして破局を迎えてしまったカップルが、何年か後により良い関係性で復縁できることは十分あり得ます。

時間をかけて冷静に考えた時に、はやりその人でなければダメだと強く思うのであれば、復縁に向けてアクションを起こすことも悪くありません。


NEW エントリー

PAGE TOP ↑