仕事が忙しいことで別れた彼。復縁を求めるもうまくいかず。その間に出会った男性に猛アタックされ、つきあい結婚。今は幸せ。

公開日: 

35歳の既婚者、専業主婦です。

今は主人と娘に囲まれてとても幸せに過ごしていますが、主人と出会う前は今が信じられない程不幸のドン底にいました。

その理由は元彼との別れ。

元彼とは4年ほど前に友人の紹介で知り合いました。

出会った初日から元彼からの猛アタックで交際に発展し、当時は「運命の人」だと思うほど私も元彼に惚れ込みました。

彼の「仕事が忙しい」事は元彼からも友人からも聞いていた為覚悟はしていましたが、いざ交際してみると予想以上の忙しさ。

元彼から言われて衝撃を受けたのは
「仕事のある平日は起きてから寝るまで丸一日仕事モードだから」
との言葉。

実際その言葉通り、休みの週末以外は連絡も少なく短時間会う事さえ叶わず。

それでも週末を楽しみに寂しい平日を乗り越え、いざ週末となると
「接待の飲み会が入った」
とお預けも多く…

たまに会えるとそれまでが嘘のような愛情表現タップリのラブラブベッタリで、会えない日々をカバーするかのように何でも好きなものを食べさせてくれ買ってくれ笑顔で一日中一緒にいられる。

しかしそのたまの週末の逢瀬が終わると、また素っ気ない日々の始まり。

半年程寂しさを我慢していましたが、その生活に疲れてしまい、私も嫌味をチクリと言ったり彼も仕事のストレスを私にコツンとぶつける事が増え…

するとある日口喧嘩に発展してしまい、数日後に別れを告げられました。

「仕事と恋愛の両立ができない」
と。

しかし、「運命の人」とまで思った彼を私は中々諦めれず、1週間で5キロ近くまで痩せるほど病んだ私。
復縁の方法を検索し、復縁結びや占いなど目に見えない力にまで頼り、気がつくと彼の家付近に足を運ぶ日々。

そんな思いつめた生活を半年程繰り返しました。

元彼と復縁したい。そのストレスから胃潰瘍になり仕事もままならなくなる程病んだ時に出会ったのが主人。

主人もまた出会ったその日から猛アタック。
元彼と全く同じ初日からの猛アタックに「また同じ目に遭うかも」と不安を覚え、元彼がまだ忘れられないのもありアタックを断り続けましたが、それでも諦めず主人はアタックし続けてくれました。

不安がありながらも一生懸命な主人を信じてみようと交際をOK。

いざ交際してみると、連絡魔で毎日頻繁に連絡してきて、少しでも時間があると会いたがる主人に心からの安堵を感じました。

「あぁ、私が元彼に求めたモノをこの人は与えてくれるんだ。
何よりも二人の時間が欲しかったんだ。
元彼とは恋愛観が根本的に合わなかったんだ。」
と気付かせてくれ、元彼への未練も無くなりました。

そして、その後友達から「元彼は以前にも増して仕事が忙しくなり出張も加わりほぼ家にいない状況」と聞きました。

復縁を望み叶っていたとしても、また同じく仕事の忙しさで上手くいってなかっただろうな…と、復縁しなくて良かったと納得しました。

復縁の辛さは本当に苦しく悲しいものです。
しかし、別れた原因を改善しなければまた同じ別れを繰り返すでしょう。
そして新しい恋も未練への特効薬だと実感しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ↑