強すぎる結婚願望で破局から復縁。精神を安定させる努力で2年後結婚へ

公開日:  最終更新日:2018/10/14

28歳の頃です。
婚活サイトで出会った彼と付き合えた私は一刻も早く結婚の確証が欲しく焦っていました。

楽しく付き合ってはいましたが、いつも心の中にある「いつ結婚してくれるの?」「本当に結婚できるの?」というモヤモヤを抱えていたため、常に不安定でことあるごとに不安が爆発し大きな喧嘩に発展させてしまうことがしばしばありました。

そんな中、既成事実を作りたく半ば強引に同棲に持ち込んだ私でしたが、当時の彼は激務でアパート探しなどしている余裕もなく、その様子についに私が朝まで責め立ててしまいました。

その結果、我慢していた彼がぷっつりと何かが切れるように「別れよう。もう限界だ」と静かに言いました。

そこからやばいと思った私はひたすら謝り別れたくないと言うも彼の意思は固く、中距離恋愛だったので最後に1度だけ会わせて欲しいと伝え彼の家へ行きました。

そこで私は彼に心から謝り、どうかもう1度だけチャンスが欲しいと伝えました。

しばらく訝しげな態度の彼でしたが、最後に「ヨリを戻せるか戻せないか、しばらく一人で考えたい。だから答えだすまで待ってくれ」と伝えてその日は帰りました。

それからしばらく仕事中も頭が真っ白で業務をこなすのでいっぱいいっぱい、夜は眠れず、日中は食事もロクにのどが通らずゼリーを飲む日々でした。

何度も彼に連絡したくなりましたが周りに相談してグッと堪え、なんとか2週間が経過しました。その2週間生きた心地がしませんでした。

それでも彼から来た連絡は「もう一度だけがんばってみます。すぐに元通りは難しいけれど」という連絡でした。

その連絡から私はもう絶対に彼を責め立てるような発言はやめようと思い、また不安を作り出していた自分自身の精神を安定させるように努めました。

その結果、その2年後に無事結婚まで辿り着くことができました。

今ではとても幸せに結婚生活を送れています。
復縁をしたいなら、押してばかりではなく引くことが大切だと思います。

また、喧嘩・別れた原因も今一度冷静になって反省する必要があります。
他人を変えるのは難しいけれど、まず自分を変えてそっとアプローチした結果がよかったのだと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ↑