音信不通になったのに復縁を求めてきた元彼。復縁後毛こんにちはを考えている彼女がいることが発覚し破局。

公開日:  最終更新日:2019/04/22

30代前半の女です。
今でも、20代の頃に付き合っていた彼氏のことを忘れることができません。
もう10年以上も前の話なのにおかしいですよね。

彼とは大学生の時に出会いました。
趣味だった絵画を観るために美術館によく通っていました。
その時、声をかけらたのが彼でした。
正直、一目ぼれでした。
同じ絵画が好きだった私たちはすぐに意気投合し、付き合うことになりました。

付き合っている間は一緒に美術館に行ったり、キャンプに行ったり、とても楽しい時間を過ごしました。
自分がこんな幸せな時間を過ごせるなんて嘘みたいでした。
本当に世界が輝いて見えて、幸せの絶頂にいました。

付き合って3ヶ月ほど経つと、だんだんと彼からの連絡も少なくなり、会ってもすぐに帰るということが続くようになりました。
そしてそのうち、連絡は来なくなり、私から連絡してもずっと留守電でした。
メールをしてももちろん返事もなし。

やはり、あの幸せは幻だったんだ、、、と少しずつ自分を納得しようとし始めていたころ、彼から電話がありました。
「いろいろ考えていることがあったんだけど、やっぱり君が好きだ。
」というようなことを言って私のところに戻ってきたんです。
やった、待っていた彼が戻ってきた、と一瞬思いましたが、様子が何か変。
終始私の目を見ずに話すのです。

何かおかしい、そう思いながらもその後、数回彼に会いました。
でも、昔のような輝いていた感じはありません。
彼もどこか不自然だし、私も彼への不信感が払しょくできません。

本当にたまたま、彼と一緒にいる時にある友達に会いました。
その友達は私たちのことを見ると、すごく驚いた顔をしていました。
その後、そのその友達から連絡がありこんなことを言っていました。
「あいつ、ずっと付き合っている彼女がいて、結婚したくてどうしようもないんだけど、向こうの親に猛反対されてるんだよ。
コソコソ付き合ってるみたいだけど、身の程知らずもいいところ。
気を付けたほうが良いよ。
」というようなことを話していました。

そこでやっと目が覚めました。
これですべて納得がいくな、と。
そこで彼とは別れましたが、楽しかったことは今でも鮮明に覚えています。
本当に良い思い出でした。

たぶん、悲劇のヒロインを演じていた彼だったから、映画のような楽しい時間を過ごせたんだな~、って思います。
やはり、一度でも別れたり、消滅したら、大切な何かは壊れてしまうんだと思います。
復縁してもあまり続かないケースが周りには多いのですが、何かわかるような気がします。
ちなみに、その彼は今でも独身だそうです。


PAGE TOP ↑