宗像大社の縁結び復縁の口コミまとめ。2018初詣混雑状況も

公開日:  最終更新日:2017/12/17

宗像大社

キリコ
キリコ

こんにちわ。復縁占い研究家の『キリコ』です。宗像大社(むなかたたいしゃ)は、福岡県宗像市田島にある神社で、福岡県の縁結び神社として有名です。

宗像大社は世界遺産に登録されており、辺津宮、中津宮、沖津宮の三社の総称です。宗像大社は約7000社ある宗像神社の総本宮となります。
宗像大社は天照大神さまとスサノオさまが誓約をされたさいにお生まれになられた三柱のお子神をお祀りしています。沖ノ島は絶海の孤島で田心姫神(たごりひめのかみ)を祀ります。住人はいません。女人禁制で上陸時の海中での禊、沖ノ島にあるものでどんなものであれ、持ち出すことが禁じられている神聖な島です。
ご利益は縁結び、海上安全、大願成就、ほかにもあらゆるご利益があるとされています。

宗像大社の口コミや2018初詣混雑状況・アクセス方法などについて紹介しています。

宗像大社の場所

地図

福岡県宗像市田島2331

住所

・福岡県宗像市田島2331

宗像大社辺津宮へのアクセス・行き方

電車

JR鹿児島本線 東郷駅下車

九州自動車道
・若宮インター(約20分)
・古賀インター(約25分)

宗像大社中津宮へのアクセス・行き方

電車

・JR鹿児島本線 東郷駅から 福間行きバス(神湊経由)で神湊波止場(約20分)
神湊から大島港までは市営渡船「しおかぜ」もしくはフェリー「おおしま」

駐車場

・宗像大社第1駐車場:700台
・宗像大社第2駐車場:200台
・宗像大社第3駐車場:100台

※交通規制期間は公共交通機関を利用されてくださいとの事。

参拝時間(営業時間)

・通常:6:00~18:30

定休日

・年中無休

祈祷受付

・9:00~17:00

授受所(お守り)

・9:00~17:00
※特に記載はありませんでしたが、祈祷受付けの時間から推測しました。

正月三が日の参拝時間

・12月31日~1月3日 24時間開放
・1月4日以降通常通り

初詣の混雑する時間帯

・1月1日 0:00~3:00 8:00~18:00
・1月2日 8:00~18:00
・1月3日 8:00~18:00

正月三が日の参拝者数(例年)

・約65万人

交通規制

・12月31日 22:00~1月1日 20:00。
・1月2日~1月4日 9:00~20:00

比較的すいている時間帯

・1月1日 3:00~8:00 18:00~24:00
・1月2日 0:00~8:00 18:00~24:00
・1月3日 0:00~8:00 18:00~24:00

初詣は現在では松の内(門松や注連縄を飾っておく期間)の期間にいくとよいとされます。

この松の内は地方により異なり、関東では1月7日、関西では1月15日ごろまでと言われています。

正月三が日を過ぎると、かなり参拝客は少なくなるので、1月4日~1月7日あたり、遅くとも15日くらいまでがオススメといえます。

詳細

宗像大社は天照大神さまとスサノオさまが誓約をされたさいにお生まれになられた三柱のお子神をお祀りしています。
沖津宮は田心姫神(たごりひめのかみ)さま、中津宮には湍津姫神(たぎつひめのかみ)さま、辺津宮には市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)さま。

ご利益は縁結びだけではなく、道を究めようとされる方への助力、海上安全、大願成就、ほかにもあらゆるご神徳があるとされています。

宗像大社とは辺津宮、中津宮、沖津宮の三社の総称です。
宗像大社は約7000社あります宗像神社の総本宮となります。
中津宮と沖津宮は島に鎮座していますので船で行くことになります。沖津宮は女人禁制の沖ノ島で、一般の人たち立ち入りは禁止されています。辺津宮は本土にありますので参拝しやすいでしょう。また本土の宗像大社の境内に二宮と三宮に島の神さまをされぞれお祀りしていますので島に渡れない方も参拝できます。

宗像大社は道主貴(みちぬしのむち)さまともいわれています。貴(むち)とは最も高貴な神に贈られている尊称です。

日本の歴史を記しているとされる日本書紀には、「歴代天皇のまつりごとを助けなさい。そして、丁重な祭祀を受けなさい」との天照大神さまのお言葉によって、三女神がこの宗像の地に降臨され、祀られるようになったとされています。

◎ここがポイント

もっとパワーのある場所だとされているのが神降臨の地といわれる「高宮祭場」です。
高宮祭場は、沖ノ島とならんで宗像三宮で最も神聖な場所とされています。
古来は神社というものはありませんでした。時代的には奈良時代以前は社殿が建てられることはなく、杜(もり)や山、島などの自然物に神を招いて神事を行ってきました。
「高宮祭場」は今日では数少ない神籬(ひもろぎ)の古代祭場です。

◎ここに注目

高宮祭場に向かう道の途中には、二本の幹から伸びた枝が仲睦まじく結ばれた樫の木があり、「相生の樫」と呼ばれています。恋愛成就、夫婦円満のご神木として注目を集めています。この樹木に恋愛成就や復縁を祈られるとよいでしょう。

口コミサイトでは、神が宿る島といわれるだけのことはあると実感できる神社だという内容の書き込みが多数、みられます。

宗像大社の口コミ

口コミ
「私はその時すでに5年程度まともに彼氏がいない状況でした。付き合えたと思っても、1か月前後ですぐ分かれてしまう状態なので、結構落ち込んだり悩んだりしていました。そんな私を少しでも元気づけようと、友達が宗像大社に連れて行ってくれました。宗像大社は神社もとても立派できれいで、さらにその周辺の木々も緑が濃くて空気が清清しく、「あ~この場所は本当に心から癒されるしエネルギーが湧いてくる。私にはここの空気があっているのかも」となんとなく思っていました。神社の中を進んでいくと、高宮祭場という場所があり、そのすぐ近くに木のお札に願い事を書ける場所がありました。その木の札は真ん中で二つに割ることができるので、右側はその場でお札をかけるところがあるのでそこにかけ、左側はお守りとして自分で持っておきます。きちんと願い事を伝えられた満足感もあり、さらに自分でもびっくりするぐらい心がリフレッシュできたのもあり、宗像大社を訪れたことにとても満足でした。そしてこの日から毎日バッグにこのお札を入れており、それから半年くらい経ったころ、家族の紹介で現在の旦那様に出会いました!だいぶ男性に対して信用も落ちていた私でしたが、彼に対しては最初からなぜかとても安心感もあり、「この人と結婚したら幸せになれるかも」という予感がしていました。その後の初めての二人だけのデートの際、彼の方から「最初から結婚したいと思いました」と言ってもらい、私も意識するように。。。それから何度かデートを重ね、付き合い始めましたが、それからはトントン拍子で話が進み、半年後には入籍でした。スピード結婚でしたが、私自身は慎重に彼のことを知ろうとした結果、絶対にこの人だったら大丈夫!と確信できた人でした。今思えば、宗像大社を訪れたことで心の入れ替えができたことでエネルギーが湧き、さらにお札を肌身離さず持っていたおかげなのかなと感じています。来年には家族も増える予定で、今とても幸せです」

縁結びポイント

高宮祭場に向かう道の途中には、二本の幹から伸びた枝が仲睦まじく結ばれた樫の木があり、「相生の樫」と呼ばれています。恋愛成就、夫婦円満のご神木として人気のスポットです。この樹木に恋愛成就や復縁を祈られるとよいでしょう。

※「高宮祭場」は宗像三女神降臨の地といわれています。直接見ることが出来る全国でも数少ない古代祭場の一つです。また日本のパワースポットのなかでもよりパワーの強い土地だといわれています。

「相生の樫」だけでなく、宗像大社を参拝して、縁結びや恋愛成就したという口コミが多くみられるところから、宗像大社の縁結びのご利益は確かなものがあると思います。真摯に祈願する方には神さまのお力がいただけると思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑