復縁するために神様にどのようにお願いするのが良いか?

2020年4月2日

復縁するために神様にどのようにお願いするのが良いか?今回はこのお話をしていきましょう。

神様へのお願いの仕方

その前にまずご理解していただきたいのが、縁というのはどのように結ばれたかという事です。以下をご覧ください。

元彼が悪縁という可能性は?

まずこの話を理解していただくためには、まず神様の世界のお話を知る必要があります。しばらくお付き合いください。

神様の世界では、旧暦10月11日から17日まで7日間、島根県の出雲(出雲大社のある所)に全国の神様(八百万の神々)が集まります。

その間の時期は、神様が不在ですので、その時期の事を出雲以外の地域では神無月といいます。逆に出雲では神在月といいます。

この7日間は神様が何をされているかというと、いろんな事の「会議」をされているのです。

その中に「男女の縁・結び」というのも含まれます。神様の世界の中では「男女の縁・結び」は会議で決まるものと考えられているのです。

復縁したいけど、元彼が悪縁というケースはあるのでしょうか?

ここにあるように、男女の縁は神々の会議で決まるものとされます。

少しココで神様の気分になって読んでください。

①神様があるカップルを結びつけるように動いてくれました。

②そのカップルは、しばらくは仲良くしていましたが、別れてしまいました。

③しばらくして神社に来て復縁させてください。とお願いしています。

神様はどう感じるのでしょうか?「なにこいつワガママすぎない?」と感じるのではないでしょうか?

でも、もし③のお願いする時に「以前は○○あなたと縁を結んでくださってありがとうございました。おかげですごく幸せでした。神様がせっかく縁をくださったのに、自分が未熟だったせいで、別れてしまいました。しかし彼の事が大好きです。自分をかえる努力をするので、もう一度チャンスをください」とお願いされたらどうでしょうか?

「そこまで言うのだったら仕方がないな。じゃあがんばってみなさい」と背中を押してくれるでしょう。

これが神様へのお願いの仕方です。

普通にお賽銭を入れて参拝するのも良いですし、ご祈祷などをしてもらうのも良いと思います。

考え方としては、

・縁を与えてくれたのは神様。
・その縁を活かせなかったのは自分。

という点を踏まえて参拝すると、満足のいく参拝ができるでしょう。



復縁できる自信がない方は。

復縁占いイメージ 『復縁できる』自信がない。。。確実に復縁したい!のであれば復縁が得意な占い師さんに話を聞いてもらうのも一つの選択です。

なぜなら復縁は普通の恋愛のように、好きアピールをするだけで成功するものではなく、おたがいの間にある問題を解決し、なおかつ恋愛感情をふたたび燃えあがらせる必要があるからです。

連絡や告白のタイミングを間違ったことで関係の修復が困難になったりもあるので、可能であれば、微妙な調整をアドバイスできる復縁の専門家、復縁占い師に相談するといいでしょう。

復縁占いとは、数々の復縁実績のある占い師さんが、霊感タロットや霊視などを使い、復縁を希望する人に、
・相手の心を取り戻す方法
・復縁したい相手の本当の気持ち
・相手の心がいま誰に向いているのか
・別れたとき、相手はどう思っていたのか
・復縁を求めたら、相手はどう思うか
・相手にとって、あなたとの恋人生活はどうだったのか
・別れの本当の原因
・どんなパートナーだったら良かったのか。あなたの間違っていた点
・相手は別れたことを後悔している
・まだあなたに未練がある
・今連絡してもいい
・相手が連絡してこない理由
・相手が心を閉ざしている理由
・相手はあなたとどういう関係がいいのか
・相手の側にある復縁の障害、あなたの側にある復縁の障害
・復活できる兆しはなにか
・やり直せる可能性は、どのくらいあるのか
・別れずにいたら、いまごろどうなっていた
・諦めたら、良い出会いはある
・相手からよりを戻したいと言ってくる可能性は
・復縁したらどうなる。幸せになれるのか
・復縁を切り出すタイミング
・連絡をとるタイミング
・復縁したらやってはいけないこと
などを教えてくれる占いです。

復縁占いへの相談の仕方のイメージ ただ復縁は、恋愛のなかでも特に難易度が高いので、占いの技量はもちろんのこと、復縁を成就させてきた経験なども必要になってきます。

なぜなら占いの技量だけで、復縁を成就させた経験がなければ、復縁という特殊な状況を理解することができず、理解できないものは、その理解のなさが占いにも反映されるからです。

気になる方は、下のリンク先のページで当たる復縁占い師の見分け方を解説していますので、参考にしてみてください。

投稿する


Submit your review
*必須項目です