春日大社の縁結び復縁の口コミまとめ。2018初詣混雑状況も

公開日: 

春日大社

キリコ
キリコ

こんにちわ。復縁占い研究家の『キリコ』です。春日大社(かすがたいしゃ)は、奈良県奈良市 春日野町にある神社で、ご利益は開運厄除、交通安全、縁結び。

全国各地で祀られている春日神社の総本社。奈良時代からの歴史がある神社です。藤原氏の氏神で、朱塗りの美しい社殿で、世界遺産にも登録されています。

一の鳥居から本殿、宝庫まで、境内のさまざまなものが重要文化財として指定されています。黒塗りの太刀は国宝に指定されています。また、2月の節分の日に行われる、「節分万燈籠(せつぶんまんとうろう)」は、神さまに浄火を献じてさまざまな願いごとを祈願する行事です。境内には若宮さまが鎮座されています。

春日大社の口コミや2018初詣混雑状況・アクセス方法などについて紹介しています。

春日大社の場所

地図

奈良県奈良市 春日野町160

住所

・奈良県奈良市 春日野町160

アクセス・行き方

電車

・近鉄奈良線 近鉄奈良駅⇒近鉄奈良駅から 奈良交通バス市内循環(約7分)春日大社表参道下車10分

京奈和自動車道
・木津インター(約15分)

駐車場

・春日大社駐車場 春日大社の正面 100台 1日1,000円 7:30~17:00
※12月と1月は16:30まで

・夢風ひろば駐車場 国立博物館新館の向かい 60台 1日1,000円 9:00~21:00
※30分以内の利用は無料、夢風ひろば内の店舗で2000円以上の買い物や飲食した場合は2時間無料です。

・若草山頂駐車場 45台 無料(若草山山頂に至るまでの道路は有料) 9:00~23:00

参拝時間(営業時間)

・4月~9月 6:00~18:00
・10月~3月 6:30~17:00

定休日

・年中無休

祈祷受付

・9:00~16:00

授受所(お守り)

・9:00~16:00
※特に記載はありませんでしたが、祈祷受付けの時間から推測しました。

正月三が日の参拝時間

・1月1日 0:00~20:00
・1月2日 6:30~19:00
・1月3日 6:30~19:00
・1月4日 6:30~18:00
・1月5日 6:30~18:00
・1月6日 6:30~17:00 通常

初詣の混雑する時間帯

・12月31日 23:30~1月1日 3:00
・1月1日 8:00~15:00
・1月2日 8:00~15:00
・1月3日 8:00~15:00

正月三が日の参拝者数(例年)

・約95万人

交通規制

・12月31日 22:00~1月1日 17:00。
・1月2日~1月3日 9:00~17:00
春日大社付近で交通規制がなされます。

比較的すいている時間帯

・1月1日 3:00~8:00 15:00~20:00
・1月2日 6:30~8:00 15:00~19:00
・1月3日 6:30~8:00 15:00~19:00

初詣は現在では松の内(門松や注連縄を飾っておく期間)の期間にいくとよいとされます。

この松の内は地方により異なり、関東では1月7日、関西では1月15日ごろまでと言われています。

正月三が日を過ぎると、かなり参拝客は少なくなるので、1月4日~1月15日あたりがオススメといえます。

詳細

春日大社の境内にある末社の「夫婦大国社」は、「夫婦円満」と「縁結び」のご利益があります。
「夫婦大国社」で人気なのが水占いです。夫婦大国社の前には水がめがあり、そこにハートマークの紙を浮かべて占います。

「夫婦大国社」絵馬の代わりにしゃもじを奉納する習慣があります。家事がお得意な祭神にあやかり、多くの女性がしゃもじに願いごとを書き、大きな桶に奉納し、良縁を願います。女性を理解し、力になってくださるのはやはり女神さまです。また、ハート型の絵馬もあります。

春日大社の口コミ

春日大社の若宮15社の1つの夫婦大国社の口コミ
「幼馴染の女性と15年ぶりぐらいに偶然会い、そこから何となくデートをする様になりました。お互いに仕事が忙しく、月に1度会う程度でしたが思い出話や現在のお互いの状況を話したり、友達以上恋人未満と言う状況が1年半ほど続いていました。
大人に成った彼女の魅力に、私は半年ほどで明確な恋心を持つようになっていたのですが、彼女の素振りからは恋心があまり感じられない状態でした。
ある時、奈良に出かけ、春日大社にお詣りに行きました。関西在住なので、何度も訪れた事はありますが、年々外国人観光客が増え続け、本殿にお詣りしても、観光化され過ぎてご利益が得られるのかと思えるほどでした。
2人でのデートの静かな時間を求めて、本殿の南にある春日若宮15社の方に回りました。15社の1つに夫婦大国社があり、そこには大国主命とその奥さんの須勢理姫命が祀られており、夫婦円満、良縁、福運にご利益があると言われる社です。
そこに2人でお詣りし、ハート形の絵馬にいつまでも仲良くと書いて奉納しました。それから次第に彼女の素振りから幼馴染と楽しく遊んでいると言う感じから恋人と楽しくいると言う雰囲気へと変化していきました。
それ以来、急速に恋人として付き合いは一層深まり、めでたく結婚に至りました。私にとっては、想いを叶えてくれたまさに恋愛のパワースポットとなりました」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑