一目ぼれだった彼と遠距離恋愛で破局。肩の荷が降りるも他の人では満足できず会いにいく。しかし溝はうめれず。。

公開日: 

30代前半です。彼とは19歳の頃、大学の同級生として出会いました。

一年生の頃からお互い認識はしていたものの、ろくに話したことはありませんでした。
急速に距離が近づいたのは大学3年生の頃です。

元々認識していた者同士でこの表現は違うかもしれませんが、私の「一目ぼれ」でした。
何故なら、その時まで私は彼と1回しか話したことがなく、かろうじて顔と名前が一致する程度…
それがある一瞬で「もしかして彼って…カッコいい?」となってしまったからです。

それから大学卒業を経て、就職に伴い遠距離恋愛となり、お互い仕事が忙しくなって…
どちらが言い出したかは覚えていませんが、「もう別れようか…」ということになりました。

別れた後、私は肩の荷が下りたような楽な気分になりました。
他に彼氏を作ろうとも思いました。
実際に数人の異性からアプローチも受けていました。

ですが、数か月たっても彼が心の中から消えてくれません。
別れるまでは、彼に対する気持ちは「怒」と「哀」のみでした。

しかし徐々に嫌な記憶は思い出せなくなり、思い出すことは幸せだった記憶ばかり。
追い打ちをかけるように自分自身の気持ちに気が付いてしまいました。

「他の男性には心が振れない…」
「好きなのかもしれない…と自己暗示をかけないと、好きになれない」

どんなに素敵な人に出会ったとしても、彼と比べてしまいます。

どうしても自分の本当の気持ちと彼の今の気持ちを知りたくなった頃、友人の結婚式で彼の住む街に行くことになりました。
連絡を取り、結婚式翌日に観光案内をお願いしました。友人として、時間をとってもらいました。

でも、彼との間には見えない壁があり、どうしても以前の空気には戻れず…そのまま何も言えず帰りました。

不思議ですが、私は彼も私と同じ気持ちなのだと信じていたんです。
何となくですが、私が彼の気持ちを探っていたように、彼も私の気持ちを探っていたように感じました。
それでも、二人の間にある壁を壊すことはできませんでした。

その日までは、別れた後も友人としてメールのやり取りはしていました。
しかし、その日以降彼が私に連絡してくることはなくなり、私も彼に連絡することはなくなりました。

この日にようやく、私と彼は終わったのだと思います。
結婚した今でも、彼は私の中で一番カッコよく、優しく、最高の人です。

気持ちが少しでもあるうちは、相手の気持ちを計らずに正直にぶつかって、キッチリけじめをつけることが大切です。
そうしなければ、いつまでも彼は心の中に居座り続けます。


PAGE TOP ↑