腐れ縁から復縁し結婚した人、しなかった人の違い

2020年4月1日

こんにちは。復縁占い研究家のキリコです。今回は腐れ縁から復縁し結婚した人しなかった人の体験談を集めてみました。

腐れ縁から結婚した人

30代後半の主婦です。旦那と知り合う前に長く付き合っていた彼氏がいました。

大学の頃に同じサークルで出会い、その後7、8年くらい、別れたり復縁したりを繰り返しました。

周りの友人や知人からは「なんだかんだいっても、どうせ結婚するんでしょ?」と言われ、呆れられていたほどです。

腐れ縁とは思いたくなかったけれど、その言葉がぴったりで、30代が近づいてくるうちに結婚を意識しはじめたのです。

ただ、本当にこのまま彼と一緒にいられるのかと考えた時、やはり無理かなと不安に思いました。

なぜなら、彼に結婚をほのめかしたら、とても嫌そうな表情をしたり、話を逸らしたりするのです。

腹が立ってそのたびに喧嘩したり、もう二度と会わないと決めるのですが、2、3か月して連絡がくると、あた会いに行ってしまう自分がいました。

久々に再会したらラブラブなのですが、やはり1ヶ月くらい経つと喧嘩ばかりになり、半年もたずに別れるのがお決まりパターンです。

ONとOFFを繰り替えすことに慣れて、というか、疲れていて、結婚相手としてではなく、ただの腐れ縁だと絶望しはじめた頃、友達の紹介で今の旦那と出会いました。

その時すでに私は30半ばにさしかかっており、元カレのせいで、純粋に誰かを好きになる感覚を忘れていました。

心が麻痺している状態というか、自分にはピュアな恋心など向いていないのだと、思い込んでいたのです。

ですが、旦那と出会った時から、そういう暗い気持ちが消えていって、いつしか安らぎとか幸せを感じるようになりました。

旦那と付き合って1年くらい経った時、その間もひっきりなしに連絡してくる元カレのことを、思い切って打ち明けました。

そしたら「そんな元カレと結婚しても、離婚と再婚をずっと繰り返すことになるよ」と言われ、ハッと我に返りました。

実はうちの両親がそのパターンで、相性が悪いのに腐れ縁で結婚して、離婚と再婚をしていることに気づいたのです。

遺伝と言われればそうかもしれないですが、そのことでツライ想いをした、幼い頃の自分を思い出しました。

その瞬間から元カレへの気持ちが、キレイさっぱり消え失せて、翌年には旦那と結婚することを決めたのです。

私のように、わだかまりの影響で、復縁にこだわりすぎたり、疲れたりする人は少なくないと思います。

復縁するにあたって、相手のことだけ考えるのではなく、ぜひ自分の家族などに目を向けてみてください。

気持ちがスッキリして前向きになれる相手こそが、運命の相手だと信じて、強く生きていきましょう。

復縁をしたのは、現在の妻です。
妻とは21歳から3年くらい付き合って、24歳で一回別れました。
そして、26歳くらいで復縁し、27歳で結婚をしました。

妻と知り合った経緯は、学生の頃付き合っていた女性の友達として知り合い、
その女性と別れた後に、付き合い始めました。
その頃、妻は働いており、自分はまだ大学生でした。

そして自分も大学を出て働き始めましたが、働き始めるとなかなか時間が合わなかったり、
生活にも余裕が出て色々な誘惑にも合うことが多くなりました。
そんな時、付き合って3年くらい、自分が社会に出て2年目くらいの24歳頃だったと思いますが、
職場先の女性に心が動き、別れることになりました。
当時、付き合っていた時は、ご飯を作って貰ったり、掃除・洗濯を全てして貰ったりと夫婦さながらの生活をしており、
相手の家族ともご飯を食べたりの関係でした。

別れを切り出すのも申し訳ない気持ちもありましたが、そこは若気の至り、なんとなく勢いに任せて別れを切り出しました。
その頃、別に意中の相手があることを何となく察していたのだと思いますが、別れないで欲しいとしばらく言われました。

別れてからはしばらく、別の女性と付き合い始めました。
しかし、その女性は忙しい人だったので、たまに食事を作ってくれたりはしましたが、掃除や洗濯はしてくれるような時間が無い人でした。
何となく、そんなことが面倒くさいなぁと思ったことをよく覚えています。
結局、その女性とは1年くらい付き合いましたが、自分が仕事の都合で遠方に引っ越したことから、会える頻度もがくっと少なくなり、別れることになりました。
その後、しばらくして元の地元に仕事の関係で戻ってくることになりましたが、以前の彼女(今の妻)とは連絡を取っていませんでした。

どういうきっかけで連絡を取り合ったのか、よく覚えていないのですが、確か向こうからメールが入ったような覚えがあります。
それは、復縁を迫るようなメールではなく、現状の報告だったような気がします。
自分がその時は、誰とも付き合っていないことや、相手が昼間の仕事の合間に、夜にアルバイトに出ていることの報告でした。

そして、何らかのきっかけで飲みに行く事になりました。
しばらくして、なんとなく復縁になり、昔の生活に戻っていきました。
結局、復縁後に1年くらい付き合ってから、結婚することになりました。別にできちゃった婚などではありませんでしたが、何となく腐れ縁から、面倒くさくなっての結婚です。
その後、今まで十数年、結婚生活が続いています。

別れて復縁したことが良かったのか、今では分かりませんが結果的には今の生活に落ち着いてしまった、という体験です。

腐れ縁から結婚しなかった人

40代女性。

彼と出会ったのは異性を本格的に意識し始める20歳になる前でした。
女子高だったので普段の生活で興味のある異性と知り合う機会は殆ど無く、週末バイトの後、友達と遊びにいっている時に知り合う若干チャラい異性ばかりしか周りにはいませんでしたので、もちろんそういったタイプの異性は本気の恋愛対象にはならず遊ぶのみ。

高校を卒業して20歳になるまでに真面目に付き合った彼も何人かいましたが、数ヶ月で別れるという感じで終わっていました。

本気の恋愛にたどり着けるような彼とはいつ出会えるんだろう、と途方に暮れていた20歳の成人式を目前にした時、とうとう理想の彼と出会えました。

サーフィンに夢中になっている学年は同じだけど半年以上、少し年下の男の子でした。

出会いは、
ナンパされた友達からの紹介で、あとから彼に聞いた話では、出会う前私たちをその日限りの対象と考えていたとの事。

何も知らぬ私と友達はごく自然体で彼らと遊ぶうちに、彼の方は私を結婚したいと思うくらい惹かれていたと後々話してくれました。

もちろん直ぐに手を出して来るようなことは無くごく自然に付き合いは始まり、何度かのデートを重ねてお互いを知っていく内に晴れて恋人となり
ひとつひとつ恋人になるための階段を登っていくことで、彼は私をとても大切にしてくれている事が分かりました。
過去には刹那的な恋も経験しましたが、そういう恋は終わりも刹那的、あっという間に終わるものでした。

彼は私をとても大切にしてくれていたのですが、元々彼は友人達の間でも有名な遊び人でかなりの悪だったようでした。
そんな彼が、20代の殆どを私と一緒に過ごしてきましたが、私の心にすきま風が??。
他の人を好きになって彼に別れを告げました。

その後、新しく好きになった人とも直ぐに別れ、長い年月ずっと一緒にいた優しい彼の元に戻りたくて毎日彼のことを考えていました。

そんな時、突然彼から切手の貼っていない手紙がポストに届きました。
わざわざ家の前まで来ていたとの事。
手紙を読むと彼もずっと私を忘れられなかったと書いてくれました。

手紙には、ある日サーフィンしていると足首に巻いた私が作ったミサンガが切れて無くなってしまったそう。
別な日にサーフィンしていると偶然そのミサンガが見つかったそうで、私と必ず戻れる、と思ったそうでした。

彼の強い復縁の気持ちが嬉しくてもう私にはこの人しかいないと私達は戻りました。

それから2年後、私たちの時代の結婚適齢期に入る頃には私との関係に飽きてしまったのか?
二人の間には溝が出来てしまいました。喧嘩が増え、彼の友人からの、私がいない時の彼の言動などを聞き絶望。30を前に2回目の別れ、
その後、1度偶然に会いましたが、会ったことでこの世には腐れ縁というものがあるんだなと理解出来ました。
異性としてとても惹かれていた事を確信しましたが、何度やり直しても上手くいかない相手はいるんだと言うことを学びました。

33歳一児の母です。
元彼とは友達の紹介でお付き合いしました。

友達の紹介といっても元々は友達の元彼でもありました。
初めて出会ったキッカケは、友達とご飯を食べた帰りに雨が降ってきたので、
友達が「アッシー呼ぶね!」
と言って迎えに来たのが彼でした。

友達の元彼ということも知っていたし、今は友達のアッシーで友達のことがまだ好きなのかなと思っていたし全く興味がありませんでした。

家まで送ってもらって、友達とも彼とも別れた後にしばらくして友達から、
今日送ってもらったアッシーが私とメールしたいって言ってるって言われて
全く興味なかったですが、まぁいい友達作りになるかなくらいでメールを始めました。

全く付き合うつもりもなかったし、ご飯に誘われても理由つけて断っていましたが、割としつこかったので、1回くらいいいかなと思ってご飯に行きました。

2人で会ってご飯食べて初めて顔をちゃんと見て話をしたら、まず顔が結構タイプでした。そして話も合うし、楽しいなと思ってしまいました。

でも友達の元彼というのも気になっていて、あえてそこには触れずに結局好きになってしまい、付き合う事になりました。

彼がすぐ別れようというタイプだったので、割と別れたりくっついたりはしていましたが、1年半くらい付き合った時に一度本当にお別れしました。

私も彼も仕事だったんですが、私のほうが残業で遅い時があって、職場まで迎えに来てくれてました。

帰り道に急に車の中で求められて、残業で疲れていたのもあって、断りました。
それからすごく不機嫌になったので、とりあえずスッキリさせたら機嫌直るかなと思い、面倒くさいので口でスッキリさせてあげました。

すると「身体で交わりたかったのにこんなん違う」と更に怒りはじめました。

さすがに私も頭にきて、「すっきりしたくせに何?」と言い返し

そこから話が発展して別れる事になりました。

もう何度も別れたりくっついたりするのに私も疲れて、今回は本当にもういいかなと思いました。

でもやっぱり好きだったので、彼には一応謝って、許してくれるの待つと言ってしまいました。

そこから1ヶ月くらいたまに連絡ありましたが、だんだん1ヶ月くらいすると想いも薄れてきて、私もあまり返事をしなくなってきた頃に彼から
「より戻す気ある?」
というメールが来ました。

しばらく考えましたが、やっぱり好きだったのでよりを戻す事に。
でも前より少し想いが薄れてしまっていて、以前のように好きになるには少し時間がかかりました。

それから半年くらいしてプロポーズされて婚約しました。

ですが、その時に私は心変わりしてしまいました。

彼といると楽しいけど、辛い時に辛いと言いにくい。喧嘩すると必ずこっちが謝らないと終わらない。

そういう所に少し疲れていたのかもしれないです。

全然見た目はタイプではないけれど、
なんでも言うこと聞いてくれる優しさに惹かれてどんどん違う人のほうに会いたいと思うようになりました。

そんな想いでは結婚できないと思い、婚約は破棄して、彼とも別れました。

そしてその惹かれた相手と今は結婚して子供もいます。

今でも元彼のことはやっぱり大好きだったのと、最後に私が心変わりしてしまったこともあり、後悔する時もあります。

でも日々の生活で我慢して言いたい事も言えずにいる生活より、言いたいこと言えて、思いのまま生活できている今は幸せです。

私の中では結局俺様の人はお付き合いだけで終わるタイプだなと思いました。

19歳男性です。
元カノとは13歳の時に付き合い始めました。
初めての彼女で、その時とてもウキウキしていたことを覚えています。
そのことは、毎日仲良くケンカもしたことなかったのですが、僕のクラスは付き合っているカップルをからかう風潮があり、彼女はそれのせいで、バレー部の女の子から嫌がらせを受けていました。
僕は、その時にそれを彼女から言われ別れたいと言われました。
正直、ぜったに別れたくないと思っていましたが、僕のせいでそうなっていると思うとかわいそうになり、別れました。
その次の年に元カノと同じクラスになり、別れた後あまり話していなかったので、そこからまた話すようになりました。
そして、次は誰にも言わずに内緒で付き合うとなりそこで初めて復縁いたしました。
またあの頃のような楽しい日常がやってくると思っていたのですが、僕の心の中で、いつかバレて、また彼女を困らせるんじゃないかと思っていました。
その心が僕の精神をおかしくし、彼女に別れを告げました。
彼女は一生懸命に止めようとしてくれましたが、僕は無視して別れました。
それからまた次の年の冬に、同じクラスで席が隣になりました。
ちょうどその頃に僕の家の近くの友達に彼女ができました。
その子は僕の元カノととても仲が良くよく一緒に帰っていました。
そして、僕が友達と帰っていると、今日お前の元カノきてるよと、友達に言われ事情を聞くと、元カノがどうしても僕とまたやり直したいと言っていると伝えられました。
僕はここまで思ってくれている人はこれから先に現れるのかと思い、すぐに会いにいきました。
そして、今までのことをお互い話し合って、また一緒に付き合うことに決めました。
そこからは長く続きました。
付き合って1年が経ちそうな頃に、僕は急に彼女から別れを告げられました。
理由は僕が高校進学とともに遠くに行くためなかなか会えないからという理由でした。
しかし、1か月後に彼女のインスタグラムを見ると新しい彼氏ができており、そういうことだったのかと気づきました。
こういった経験から復縁なんで何の意味も持たないんだなと思いました。
23歳、女です。元彼とは、学生時代、先輩に誘われた食事会で知り合いました。

当時学生の私にとって、4つ上の彼は大人の男性で、

それでいて、見た目もかっこいいひとだったので、

「まさか自分とはどうにも恋愛発展しないだろう」と

諦めのような感覚で、彼を恋愛対象外として見ていました。

お互い趣味がおなじということもあり、

食事会以降は、趣味友達になり、

定期的に友人をまじえて遊びに行くようになりました。

知り合って半年ほどのとき、二人で遊びにいくことになりました。

二人きりでも、特に彼を意識してはいなかったのですが、

突然、ふっと彼に抱きしめられ、

「好きです。付き合って」と言われたとき

涙が出そうなくらいうれしかったです。

一緒にいるうちに彼への気持ちが高まっていたのに、

希望が持てないし、今の関係を壊したくないから

無意識のうちに自分の気持ちに蓋をしていたんだと

そのとき気づきました。

彼と付き合えて、すごくうれしかったです。

付き合った当初は、毎週末のデートが待ち遠しく、

毎日彼とラインのやり取りをして、

彼のことばかり考えていました。

付き合ってしばらくして、彼の職場でトラブルがあり、

彼は遠方のほうへ、目途の立たない出張に行かなくてはならなくなり、

しばらく会えないことになりました。

私は、彼との距離を埋められるように、

近況を写真付きのラインで伝えたり、

仕事に集中してもらうように、ラインの頻度を減らしました。

そして、ある日、彼は私にラインで

別れようという趣旨のことを伝えてきました。

私は見栄っ張りで、本当は別れたくなかったけど

いやだと泣いてすがるようなことはしたくない、と思い

「わかりました。ありがとうございました」と

あっさりと別れを受け入れました。

しばらくして、彼も仕事が落ち着いたのか、

彼から連絡が来て、復縁を申し込まれました。

私はまだ、彼のことを引きずっていたところがあったので、

喜んでよりを戻しました。

それから彼と2・3回ほど付き合ったり別れたりを繰り返しました(笑)

なぜうまくいかなかったかというと、そのときそのときで違うのですが、

「共依存だったこと」「別れた理由を振り返らず付き合ったこと」

「相手に求めすぎていたこと」「自分の思いをその都度伝えなかったこと」

そして「自分のことで精いっぱいで相手に寄り添えていなかったこと」

が理由かなと、振り返ってみて感じました。

彼とは、2か月前に別れて、

連絡先もブロック削除したので、完璧にお別れしました(;o;)

まだ、彼のことが頭の中にちらつくことはありますが、

彼との付き合いから学んだことを

次に出会うひととの恋愛に活かしたいと思います!

次は、背伸びせず、言いたいことが言えて

楽に付き合えるひとと付き合おうと思います。

21歳女性です。
元彼と出会ったのは16歳の時です。

同じ高校だった彼とSNSで知り合い、付き合うことになりました。

付き合い始めて1か月は毎日のようにデートをし、「この人は運命の人かもしれない!」と浮かれていました(笑)

ですが、彼も私も厄介なことに「熱しやすく冷めやすい」性格なんです…。

2人とも一緒に居すぎると喧嘩になって気持ちが冷めてしまい、距離を置いてしまうと1週間くらいで恋しくなります。

お互いこんな性格なので、なんと16歳から21歳まで破局と復縁を何度も繰り返してきました…。

5年間の間に何度大喧嘩をして破局したのか数えきれません。
性格が真反対で相性が悪いというのは聞いたことがあるのですが、私たちは性格が全く同じなのにぶつかり合ってしまいます。

性格が全く同じだからぶつかり合ってたのかも…。

彼との関係が「終わり」を感じたのは、半年前のことです。

前回、彼が私のスマホを勝手に見ていたことにショックを受けて大喧嘩をして「また」破局しました。

「え、たったそれだけで?」と思うかもしれませんが、私たちの中ではいくつかルールがあり、相手のスマホを勝手に見ることは喧嘩のきっかけになるから全体に触らないという決まりを5年間守ってきました。

その時はとにかく彼が嫌いすぎてイライラしていましたが、さすがに恥ずかしくなってきました…。

ですが、頑固でプライドが高い私は彼にすぐに謝ることができず、連絡を取らずに1か月半が経過していました。

ある日、いつものように彼のTwitterを見ると、なんと「新しい彼女」ができたとツイートしていて、アイコンに女の子とのツーショットを載せていたんです。

別に彼が浮気したわけでもないし、ちょっとしたことで彼に怒鳴ってすぐに謝らなかった私が悪いんです。

でも5年間何度も破局と復縁を繰り返してきたので、私は「破局の重さ」を知らなかったんです。

いつも通り謝って復縁するのを当たり前のように思っていたので、この日初めて「失恋」を経験しました…。

その日彼からLINEが来て、「お互いの将来のために、もう終わりにしよう。友達に戻って、また今度一緒に映画を見よう。」と言われました。

「本当に終わりなんだ…。」
「いつの間にか彼だけが成長していたんだ…。」
色んな思いが駆け巡り、5年間の恋は終わりました。

この「失恋」を経験して学んだことは、「思いやり」です。

どれだけ一緒に居て心地よくても、彼が優しくても、彼に甘えっぱなしではいけないと思いました。

「思いやり」を心掛けていたら喧嘩を繰り返すこともなかったし、彼はずっとそばにいてくれたかもしれません。

今でも彼とは親友として仲良くしていますが、彼への気持ちは全く消えず、会うたびに好きになっています。

最近彼のアイコンからツーショット写真が消えていたので、新しい彼女とのことは聞かずに復縁できないか聞いてみましたが、「もう大喧嘩はしたくない」とばっさり断られました。

私はてっきりいつものように「彼女いるし」って言われると思っていたので、復縁を断られたのにも関わらず、心の中では舞い上がってしまいました。

いかがでしたか?腐れ縁から結婚というケースは結構あるのですね。

腐れ縁という人は、自分自身の恋愛をプラスにかんがえれない人が多いみたいですが、それが運命の人がどうなのかを理解できると、腐れ縁というみかた自体かわってくるようです。

たとえば私の利用した復縁占いは、特殊な力で役目を全うすべき腐れ縁なのか、ぜひとも縁にしたほうが良い縁なのかを見極める能力がある先生も多数おられます。

復縁をお考えの方、もしくは腐れ縁な相手との結婚をお考えの方は、復縁と縁について詳しく見れる先生という風にオーダーされるといい先生を紹介していただけると思います。

そしてもし役目を全うするほうがいい縁であれば、その祈祷やアドバイスをしたくれる先生もいます。

詳しくは下にリンクを張っていますので、慎重に進もうと思っているのなら、一度お試しになってみてください。

投稿する


Submit your review
*必須項目です