元彼と腐れ縁で復縁を繰り返していた私。彼の一言で我にかえり、1年後その彼と結婚することに。

公開日: 

30代後半の主婦です。旦那と知り合う前に長く付き合っていた彼氏がいました。

大学の頃に同じサークルで出会い、その後7、8年くらい、別れたり復縁したりを繰り返しました。

周りの友人や知人からは「なんだかんだいっても、どうせ結婚するんでしょ?」と言われ、呆れられていたほどです。

腐れ縁とは思いたくなかったけれど、その言葉がぴったりで、30代が近づいてくるうちに結婚を意識しはじめたのです。

ただ、本当にこのまま彼と一緒にいられるのかと考えた時、やはり無理かなと不安に思いました。

なぜなら、彼に結婚をほのめかしたら、とても嫌そうな表情をしたり、話を逸らしたりするのです。

腹が立ってそのたびに喧嘩したり、もう二度と会わないと決めるのですが、2、3か月して連絡がくると、あた会いに行ってしまう自分がいました。

久々に再会したらラブラブなのですが、やはり1ヶ月くらい経つと喧嘩ばかりになり、半年もたずに別れるのがお決まりパターンです。

ONとOFFを繰り替えすことに慣れて、というか、疲れていて、結婚相手としてではなく、ただの腐れ縁だと絶望しはじめた頃、友達の紹介で今の旦那と出会いました。

その時すでに私は30半ばにさしかかっており、元カレのせいで、純粋に誰かを好きになる感覚を忘れていました。

心が麻痺している状態というか、自分にはピュアな恋心など向いていないのだと、思い込んでいたのです。

ですが、旦那と出会った時から、そういう暗い気持ちが消えていって、いつしか安らぎとか幸せを感じるようになりました。

旦那と付き合って1年くらい経った時、その間もひっきりなしに連絡してくる元カレのことを、思い切って打ち明けました。

そしたら「そんな元カレと結婚しても、離婚と再婚を死ぬまで繰り返すことになるよ」と言われ、ハッと我に返りました。

実はうちの両親がそのパターンで、相性が悪いのに腐れ縁で結婚して、離婚と再婚をしていることに気づいたのです。

遺伝と言われればそうかもしれないですが、そのことでツライ想いをした、幼い頃の自分を思い出しました。

その瞬間から元カレへの気持ちが、キレイさっぱり消え失せて、翌年には旦那と結婚することを決めたのです。

私のように、精神的トラウマの影響で、復縁にこだわりすぎたり、疲れたりする人は少なくないと思います。

復縁するにあたって、相手のことだけ考えるのではなく、ぜひ自分の家族などに目を向けてみてください。

気持ちがスッキリして前向きになれる相手こそが、運命の相手だと信じて、強く生きていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ↑