バンドの忙しさで別れた元カノ。数年後電話をかけてみると1児のママに。大切なものを見失っていた自分に後悔。

公開日: 

現在30代前半の男です。

僕が元カノと出会ったのは今から10年前、友達の紹介で知り合いました。

当時僕はあるバンドにハマっていて、友達にも会うたびに曲を聴かせてあげてそのバンドの良さなどを語ったりしていました。
友人からしたらいい迷惑だったのかもしれません。
その友人の知り合いにそのバンドを好きな友達がいるから、私じゃなくてその子に話してっていう感じで紹介してもらったのが元カノと知り合ったキッカケです。

そのバンドや音楽の事はもちろん、他の部分での共通点も多くすぐに仲良くなりお互い好きになって付き合うようになりました。

本当に相性が良くて、もしかしたらこのまま結婚するかもとも思い始めてさえいました。

ですが知り合ってから3年ほど経った頃に、僕が別の友人から「バンドをやろうと思うからギターで参加してくれないか」と誘われました。
音楽は好きですしもちろんOKして、ライブなども行いました。

最初は彼女もライブに来てくれて、一緒に楽しんでいたんですが、やはり練習や少し遠くのライブが多くなっていくとどうしても彼女との時間が減ってきてしまいました。
ただ、それでも僕はこういった経験が初めてだったこともあって、夢中でバンド活動を行いました。
そうしていくうちに、彼女と連絡を取らない時間が1日、2日と増えていき、それが1週間近くになった頃、彼女から別れを告げられました。

決して彼女の事が嫌いになったわけではありません。
ただ音楽を作ることが楽しくて夢中になってしまっていただけでした。

でも、それを理由に彼女を引き止めるのは申し訳ないという気持ちもありました。
それは、知り合ってからそれまでが本当に幸せで、彼女も僕と同じくらい僕を思ってくれていたんだと思えたからです。
そんな相手だからこそ寂しくさせてしまった後悔の気持ちがとても強かったです。

それから数年立って、30歳になりました。
バンドはかなり以前に解散となり、未だ独身で恋人もいません。

バンド活動をしていたことを後悔はしていませんが、まだ元カノが好きでしたしそれもあって新しい恋人も作らずにいました。

ある時思い切って連絡を取ってみました。
もう1度やり直せないかと復縁をお願いしようと考えていました。

僕の人生で一番幸せだったのは元カノと過ごしていた時間です。
それはきっと元カノも同じだと思っていました。

だからこそ今でも復縁もできるものだと心の底で思っていたんだと思います。

電話をかけるとすぐに出てくれて、変わらない声で明るく「久しぶり!」と返してくれました。
でももう元カノは、1児のママになっていました。

結婚して2年目らしく大変だけど幸せだと言っていました。

その時初めて、ああ、後悔とはこういう事をいうのかと思いました。

元カノに「離婚して自分と付き合ってくれ」とは言わず、「幸せを願ってるよ」と伝えて電話を切りました。

友人から聞いた話では、元カノも僕と別れてからしばらくは僕の事が忘れられず辛い時間を過ごしていたそうです。
その時に連絡していれば。別れず引き止めていたら。

今となってはもう遅いですが、いろんな後悔が頭を駆け巡ります。

人生にはいろんな事がありますし、付き合っていると恋人よりも楽しかったり大切かもと思える事が出てくると思います。
特に男性は仕事が忙しくなったりもしやすいですし、そういう事が多いです。

でも人生という長い時間において一番大切なのは、その瞬間に大切なものでない場合が多いです。

見誤って失ってしまわないように、大切なものを間違えないようにしないといけませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ↑