復縁し続けたいと思った彼女が他の人と結婚。シャイで押しの弱い性格を少し後悔。

公開日: 

30代男性です。高校生の時に出会った女の子との復縁を望み続けたお話です。

その人とは部活動が同じで、恥ずかしながらもお互いに少しづつ仲良くなってゆきました。連絡先を交換してメールを毎日のように何通もするようになりました。

一緒に通学をしたり休みの日に、デートに行くようになりましたが、シャイな性格が影響してその後の進展はなかなかありませんでした。

やがて大学受験が忙しくなって、互いのクラスも違うかった為に、疎遠に。こちらから何度もメールをしたものの、素っ気ない感じになってきました。

卒業式の時に改めて少しだけ会いましたが、彼女からはもうやり直す気は無いと言われました。これは本当にショックでしたね。勉強が忙しいからだと思っていたのに、そもそも私に対する恋愛感情が無くなってしまったようです。この時始めて、自分の中で彼女は大きい存在だったと分かりました。

もう連絡もしてほしくないと言われたので、几帳面な私はその後一切連絡しないようにしました。大学に進学して、女の子の友達は出来たし、付き合った人も1人できましたが、どうしても高校のときの彼女が忘れられず。

そんな中、高校の同窓会が開催されると知り、直接会えるラストチャンスだと思って、ドキドキしながら出席することに。あわよくば復縁できるのではないかと考えたのです。

そして当日。なんと、彼女も来ていました。こちらから話しかけると、笑顔で応じてくれました。軽く会話を交わしたものの核心部分に触れることはお互いせず、他の友人から彼女には恋人がいることを知らされました。

ショックが無いといえば嘘になりますが、彼女が幸せならばそれで良いのではないか、とポジティブ考えるようにしました。いま幸せにしているのに、過去の人である自分がしゃしゃり出ても良いことはなさそうですし。

その5年後、彼女はその人と結婚しました。得られた教訓としては、恥ずかしがらずに恋人を思いっきり愛してあげるべきだということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ↑