弥彦神社の縁結び復縁の口コミまとめ。2018初詣混雑状況も

公開日:  最終更新日:2017/12/10

弥彦神社

キリコ
キリコ

こんにちわ。復縁占い研究家の『キリコ』です。弥彦神社(やひこじんじゃ いやひこじんじゃ)は、新潟県西蒲原郡弥彦村にある神社で、新潟県の縁結びパワースポットとして有名で、越後国一宮「おやひこさま」とよばれ親しまれています。

弥彦神社の口コミや2018初詣混雑状況・アクセス方法などについて紹介しています。

弥彦神社の場所

弥彦神社地図

新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2

住所:新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2

アクセス・行き方

アクセス方法を紹介します。

電車では、上越新幹線で燕三条駅よりJR弥彦線にて弥彦駅まで約20分。弥彦駅より徒歩で15分。弥彦駅も神社風のデザインです。すでに聖地のなかですから歩いて神社に向かわれた方がよいでしょう。
自動車では、北陸自動車道・三条燕ICより国道289号線経由にて約30分

駐車場

無料駐車場は広く、神社前駐車場大型バスなら20台・普通車なら50台、競輪第一駐車場にも普通車345台ほど駐車できます。

参拝時間(営業時間)

24時間年中無休

初詣の混雑する時間帯

参拝者数は例年ですと正月三が日の参拝者数が約30万人
にのぼるそうです。

初詣は現在では松の内(門松や注連縄を飾っておく期間)の期間にいくとよいとされます。

この松の内は地方により異なり、関東では1月7日、関西では1月15日ごろまでと言われています。

正月三が日を過ぎると、かなり参拝客は少なくなるので、正月三が日過ぎから松の内の期間中がオススメといえます。

詳細

越後国一宮 「おやひこさま」と親しまれている。縁結びの御神徳があるといわれています。
主祭神の天香山命(あまのかぐやまのみこと)さまは、天照大御神さまの御曾孫にあたられるそうです。

ご利益は縁結び、復縁、五穀豊穣、交通安全など。

弥彦神社は越後国の一の宮であり、日本でも有数のパワースポットだといわれています。
創建年代は不詳ですが、『万葉集』にも詠われている歴史のある神社です。

◎ここがポイント

競輪第一駐車場はとても広い駐車場ですが、こちらの駐車場に停められても、少しだけ遠回りしても一の鳥居から入られた方がよいでしょう。競輪第一駐車場から一の鳥居に向かう途中に弥彦神社の末社の「祓戸神社」があります。

この祓戸神社でお祓いをし、諏訪神社と縁のある方は駐車場のすぐ近くにある弥彦神社の末社の下諏訪神社にも参拝されるとよいでしょう。

境内には「火の玉石」( ひのたまいし)があります。弥彦村の人たちのあいだでは「重軽の石」とも呼ばれ、この石を持ち上げてみて、軽く感じた場合は願い事は叶い、重く感じた場合は願いの成就は難しいといわれています。

この石は日本海を船で弘前に帰るさい、海が荒れていたため、弥彦山に向かって鳥居奉納を誓ったところ、たちまち海が静かになり、無事帰途につくことができました。

その後、毎夜、城内にふたつの火の玉が飛び回るという怪事が起きました。

それから鳥居が奉納されると怪異な出来事は鎮まりました。
火の玉はふたつの大きな石だとわかり、その石も奉納しましたが、それが火の玉の石なのだと伝わっています。

◎ここに注目

登山をするか、ロープウェイで山頂駅から徒歩10数分で神さまの御神廟(ごしんびょう)があります。こちらが奥の宮となり、弥彦神社の天香山命さまと妃神です「熟穂屋姫命(うましほやひめのみこと)さまが祀られ、縁結びの名所としても知られています。恋守は弥彦神社境内の札所でいただけるとのことです。

恋愛成就や復縁の祈りはこちらでされるとよいでしょう。

口コミサイトではロープウェイで奥宮に参拝し、その近くにある展望レストランで昼食を食べられて楽しく過ごせたと書き込みがありました。

絶景をみながらコーヒーや食事もできるお店です。

弥彦神社の口コミ

口コミ
「私も知人からの紹介で、新潟県にある弥彦神社は新潟屈指のパワースポットであり、絵馬を書きお参りをすれば願い事が叶うと言われたので気持ちをいっぱいに高ぶらせ訪れました。目的は気になっている人に少しでも近づきたい、まずは友達でもいいから仲良くなりたいという願いを込めてです。本殿に通じる杉並木はいかにもパワースポット感満載で、奉られている神様に少しでも気持ちが届くように心を落ち着かせ、精一杯のきれいな字で絵馬を書きお参りしました。後日、気になっている人との共通点があることがわかり、以前に趣味としてスキューバーダイビングをやっていたとのこと。今では少しづつではありますが、共通の話題から他にも話せる内容を模索しながら過ごしています。神聖な気持ちでお願いをしたので神様がきっと見ていてくれたのだと信じています」


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑