熱田神宮の縁結び復縁の口コミまとめ。2018初詣混雑状況も

公開日:  最終更新日:2017/12/10

神社のイメージ

キリコ
キリコ

こんにちわ。復縁占い研究家の『キリコ』です。熱田神宮(あつたじんぐう)は、愛知県名古屋市熱田区にある神社で、愛知県の縁結び神社として知られています。

熱田神宮の創建は、三種の神器のひとつ、草薙神剣を今の土地にて祀られたことからはじまるといわれています。伊勢神宮につぐ格段に尊いお社とされています。ご利益は恋愛運、人間関係運、家内安全、無病息災、開運招福。として有名です。

熱田神宮の口コミや2018初詣混雑状況・アクセス方法などについて紹介しています。

熱田神宮の場所

熱田神宮地図

愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1-1

住所:愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1-1

アクセス・行き方

アクセス方法を紹介します。

最寄り駅は名鉄名城線で「神宮西駅」から徒歩で3分。

駐車場

熱田神宮には3つの無料駐車場があります。
東門駐車場・約300台駐車スペース、西門駐車場・約40台駐車スペース、南門駐車場・約60台駐車スペース。ただし、12月31日から1月6日までのほとんどの時間は交通規制もあり、熱田神宮の駐車場は利用できません。

熱田神宮に近い有料駐車場として、「リパーク名古屋神宮2丁目・第3」有料駐車場は、収容台数が65台。0時~8時までと20時~24時まで60分100円、8時~20時までが60分200円。ですが、正月から気持ちよく過ごすためにもバスや電車などを利用していくのが無難です。

参拝時間(営業時間)

参拝時間は24時間いつでも参拝できます。大晦日や正月もおなじです。

初詣の混雑する時間帯と交通規制

参拝者数は例年ですと正月三が日の参拝者数が約235万人にのぼるそうです。 最も混雑する時間帯は0時から午前3時。午前4時から6時までの時間帯は混雑も緩和されています。

交通規制は12月31日は午前11時から午前4時まで。
1月1日、2日、3日は午前9時半から午後4時半まで。
1月4日と5日は午前9時半から午後4時半まで。

初詣は現在では松の内(門松や注連縄を飾っておく期間)の期間にいくとよいとされます。

この松の内は地方により異なり、関東では1月7日、関西では1月15日ごろまでと言われています。

正月三が日を過ぎると、かなり参拝客は少なくなるので、正月三が日過ぎから松の内の期間中がオススメといえます。

詳細

主祭神は、熱田大神さま。ご神体は三種の神器の一つであります草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)。
三種の神器とは、皇室において、皇位継承のみしるしであります三種類の神器の一つです。ちなみに、三種の神器の鏡は伊勢神宮の内宮に、勾玉は皇居にて祀られているともいわれています。もともとは皇居に三種の神器があったともいわれています。

ご利益は縁結び、恋愛成就、戦勝運、国土安泰、厄除けなど。

熱田神宮の創建は、草薙神剣を今の地にて祀られたことからはじまるとされています。
熱田神宮は、伊勢神宮につぐ格段に尊いお社として篤い崇敬をあつめてきました。
境内は約6万坪ともされ、樹木も齢千年を越えるとされる大楠があります。境内にあります宝物館には熱田神宮の歴史を感じさせるものとして、皇室だけでなく、全国の崇敬者から奉納された6千余点が収蔵展示されています。
境内近くには名古屋でよく食されています「きしめん」のお店があります。

◎ここがポイント

熱田神宮は本殿だけでなく、境内で祀られている摂社、末社のなかにも大きなパワーのある神社があります。

清水社は目の神さまです。
水の神様の「罔象女神さま(みずはのめのかみ)」です。

清水社に伝えられているお話には、平清盛が目を病んだときに清水社でお祈りをし、その湧き水で目を洗ったところ治ったとされています。
また、清水社は中国の楊貴妃(唐代の皇妃)が熱田神宮の女神の化身だとも伝えられています。
その関係なのか、美人になれる、魅力的になれるというご利益があるといわれています。湧き水の中あたりにある丸い石が「楊貴妃の墓石」だと伝えられています。
この墓石に柄杓で水を注いで、墓石に3度かけると願い事が叶うそうです。
ここで恋愛成就や復縁を願いましょう。

◎ここに注目

熱田神宮の境内の木々の中でもとくに巨大な楠が7本あり、これが名古屋でも有名な「大楠」です。起源は、あの空海さまが手植えした楠だといわれています。そのなかのさらに大きな3本の巨木は「ご神木」といわれ、大きなパワーがあるといわれています。

ご神木に向かって手を大きく広げましょう。そうすることでパワーを授かることができます。この楠が写るようにして、その楠の前でパワーを授かりたい方が写真を撮ってもらえば、そのパワーが持続できるそうです。

口コミサイトでは、知り合いが熱田神宮に参拝したあと、引きこもりから脱出したという書き込みもみられます。

熱田神宮の口コミ

口コミ
「今の旦那に告白をする際に「熱田神宮」にお参りしました。地元では「熱田さん」などと呼ばれ親しまれている歴史ある神宮は、あの織田信長が桶狭間の戦いの時に出陣前に戦勝祈願して、そしてその後見事大勝利したというエピソードでも知られています。そしてだからこそ、私は無理めな相手であった男性に告白するのに、熱田神宮に参拝して気合を入れたのです。なお、背景はわかりませんが、熱田神宮は地元でも恋愛運が上がると言われていて、そのことは年配の人でも知っているぐらいですからね。だからこそ、私は「告る前に熱田さんへ!」と、思い恋愛祈願に参拝したのです。そして見事「OK!」をもらいましたよ。そしてそれから5年後結婚へと進み、その縁から挙式は熱田神宮で行いました」

熱田神宮の縁結びポイント

熱田神宮の境内にある、清水社の湧き水の中あたりにある丸い石が「楊貴妃の墓石」だとされています。この墓石に柄杓で水を注いで、墓石に3度かけると願い事が叶うそうです。ここで恋愛成就や復縁を願うとよいでしょう。

縁結びには「結守(ゆいまもり)」というお守り。すでにカップルになれた二人は「白鳥(しろとり)守」です。
もっとパートナー探しに本腰を入れる場合は、熱田神宮会館にて結婚相談所があります。ご自分のプロフィールを登録後にファイルから相手を探すシステムが用意されています。


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑