鳥取県の復縁神社★縁結びを叶える話題の恋愛成就パワースポット一覧

公開日:  最終更新日:2017/11/25


鳥取県の復縁神社・恋愛成就パワースポットをリアル口コミ・2ch・twitter・知恵袋などで徹底的にチェックしました。有名復縁神社から地元の人しかしらない縁結びパワースポットまで掲載したので、近場でのんびり効率的に縁結び神社・パワースポットめぐりができます。

また特に人気の高い復縁神社・パワースポットを厳選して3つセレクト。

それぞれに祭られている神様の名前、住所とその地図、復縁にかんするお守り・おみくじ・絵馬・縁起物とコメント・体験談を紹介させていただきます。

キリコ
キリコ

こんにちわ。復縁占い研究家の『キリコ』です。コチラでは復縁神社・パワースポットを紹介します。私も恋のバトルで疲れた身体を癒すためによく行きました。きっと恋を後押ししてくれると思います。

白兎神社 (はくとじんじゃ)

~稲葉の白ウサギを祀る神社~

鳥取県鳥取市白兎603

住所:〒689-0206 鳥取市白兎603

祭神:白兔神・保食神

授受品:調査中

アクセス:末恒駅出口出口から徒歩で約33分
宝木駅出口出口から徒歩で約54分
鳥取駅から白兎神社前までバスが出ています

コメント:白兔神に縁結びの御神徳があるといわれています。

主祭神は白兎神(しろうさぎのかみ)さま。

ご利益は縁結び、恋愛成就、皮膚に関係する病を治す、未来を予感できるようになるなどのご利益があるといわれています。

白兎神は白い兎の姿をした日本の神さまのことだとされています。
出雲大社にも祀られています。

白兎神社の創建の時期はよくわかっていないそうです。
境内の道沿いにあるものとして、神話の因幡の白うさぎが傷口を癒したとされる御身洗池(みたらしいけ)があります。なぜかつねに水位が一定であるために不減不増の池ともいわれています。

◎ここがポイント

白兎は恋人の聖地(特定非営利活動法人地域活性化支援センターが主催する「恋人の聖地プロジェクト」により選ばれたデートスポット)と認定され、愛を誓う「白兎起請文(きしょうもん)」を書き、約束事をも書いて、白兎神社へ納めることで恋愛成就を願います。

稲葉の白ウサギの神話は有名ですが、改めて紹介しますと、出雲大社の祭神であります大国主大神さまがお若い頃、ワニ(サメだともいわれています)や大国主大神さまのご兄弟神によって傷を負った白ウサギに治療法を教えたという物語です。
境内はその神話のようすがちりばめられています。白ウサギが体を洗ったという「身洗ノ池(みたらしいけ)」や体をくるんだとされる「蒲(がま)」のば場所もあります。

◎ここに注目

鳥居をくぐるといくつものウサギの像が見えます。
また、「縁」と書かれた「結び石」があります。
これは社務所で授与されているもので一袋5個入りで500円です。
その石を投げて鳥居に乗せて復縁や恋愛成就などの願い事が叶うように祈ったり、お守りとして持ち帰ることもできます。
また、境内には、恋のゆくえを占う「恋みくじ」のほか、ハート型や神話をモチーフにした絵馬もあります。
  
口コミサイトではかわいいウサギの絵や像が多く、楽しく参拝できる神社だと書き込まれています。

宇倍神社(うべじんじゃ)

鳥取県鳥取市国府町宮下字一宮651

住所:鳥取市国府町宮下字一宮651(JR鳥取駅・タクシー10分)

祭神:武内宿禰命

授受品:調査中

コメント:因幡国一宮 縁結びの御神徳があるといわれています。

宇倍神社は、孝徳天皇大化4年(648)の創建と伝えられ、平安時代にまとめられた延喜式(※1)では鳥取県で唯一の名神大社(※2)、また一の宮として信仰を集め、明治4年に定められた制度により国幣中社(※3)に列せられました。現在の社殿は、明治31年に完成しましたが、翌32年には全国の神社では初めて、御祭神である武内宿禰命(たけのうちのすくねのみこと)の御尊像と共に五円紙幣に載せられ、以後大正・昭和と数回当社が五円・一円紙幣の図柄となりました。

お金に御縁があり、商売繁昌の神様として全国からの参詣が絶えません。
宇倍神社について – 鳥取・因幡国一の宮 宇倍神社

この地域を代表する神社で、この地域にお住まいの方の縁結び全般にご利益があります。

倭文神社(しとりじんじゃ、しどりじんじゃ、しずりじんじゃ)

鳥取県東伯郡湯梨浜町宮内754

住所:東伯郡湯梨浜町宮内754(JR山陰本線松崎駅・タクシー5分)

祭神:建葉槌命・下照姫命・建御名方命・天稚彦命・事代主命・少彦名命・味耜高彦根命

授受品:調査中

コメント:伯耆国一宮 縁結びの御神徳があるといわれています。

伯耆一ノ宮である倭文神社は、健葉槌命(たけはづちのみこと)・下照姫命(したてるひめのみこと)などを祭神とし、安産の神としても知られます。
この地方は、織物を生業とする倭文族が多く住んでいたことから、織物の祖神といわれる健葉槌命を祀るため、創建されたとも考えられています。

伝えによると大国主命(おおくにぬしのみこと)の娘、下照姫命(したてるひめのみこと)が出雲からこの地に着き、この地に住居を定め、安産の普及に努めたといわれています。境内には「安産岩」と呼ばれる岩があります。5月1日の例祭は、「一宮さん」として親しまれています。
鳥取県観光案内 とっとり旅の生情報/観光情報

この地域を代表する神社で、この地域にお住まいの方の縁結び全般にご利益があります。

地元じゃ有名な復縁神社・パワースポット

鳥取市
⇒調査中

米子市
⇒調査中

倉吉市
国庁裏神社:倉吉市国分寺426(伯耆国総社)

境港市
⇒調査中

岩美郡岩美町
⇒調査中

八頭郡若桜町
⇒調査中

八頭郡智頭町
⇒調査中

八頭郡八頭町
⇒調査中

東伯郡三朝町
⇒調査中

東伯郡湯梨浜町
⇒調査中

東伯郡琴浦町
⇒調査中

東伯郡北栄町
⇒調査中

西伯郡日吉津村
⇒調査中

西伯郡大山町
角磬山 大山寺:西伯郡大山町大山9 (中国三十三観音第29番札所)

西伯郡南部町
⇒調査中

西伯郡伯耆町
⇒調査中

日野郡日南町
⇒調査中

日野郡日野町
⇒調査中

日野郡江府町
⇒調査中


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑