超束縛男との別れ。しつこくされ復縁するも性格はかわらず。実家に帰ることに。

公開日: 

28歳、女性です。

20代前半に付き合った彼氏とのお話です。後にも先にもこんなにしんどい思いをしたことはありません。

私がよく遊びに行っていたバーで出会った彼。初めて会った瞬間から私のことを可愛い、付き合いたいと猛アピールされました。
当時彼氏もいないし、まぁ良いかな…なんて軽いノリでそのバーを出て2人で遊ぶことに。
それが本当に間違いでした。

2人きりになると、もっとアピールが強くなり最初は私も断っていましたが、断る理由がなくなるほどの猛アピール。
その当時の私にもっとしっかり断れよと言ってやりたいです。

まぁ別に嫌いじゃないし、好きって言ってくれるなら…そんな程度で付き合うことを承諾してしまいました。

付き合うことになり、最初はこんなに好きって言い続けてくれる人はなかなかいないし私も好きになれるように、良いところを探してみよう、いっぱい接してみようと努力しました。

でも当時の私は仕事も掛け持ちしており、本当に忙しく、技術職のため常に携帯を見れるような環境ではなかったため連絡を返すのが遅くなることもしばしば。
それが彼にとっては有り得なかったのか、連絡の頻度がエスカレートし、常に俺を優先して返信して!と束縛が強くなっていきました。

束縛が強くなればなるほど逃げたい気持ちが強くなり、私も普通に女友達たちと遊びにも行きたい…と思い、仕事が忙しいなど適当な理由を並べて遊びに行く日が増えました。

そうしてしばらくし、彼の束縛もどんどん強くなり、何故か私が浮気していると思われ、もう信用できないからと彼の家に閉じ込められてしまいました。
携帯も取り上げられて、中のアプリも全部消され…

もうこれはここから逃げて彼と無理矢理にでも別れるしかないと思い、彼の見てない隙を見て家を飛び出して逃げました。

逃げれば追ってくるのは当たり前なのかもしれませんが、私の友人や行きそうな場所をしらみつぶしに当たってたようで、私が知らない番号や連絡先を駆使して連絡を取ってくるようになってしまいました。

戻ってきてほしい、本当に好きなんだ、と。当時の私は怖いという思いのほうが強くて、従わないとまた何をされるかわからない、行き場がないように思っていました。
もう1回頑張ってみようかな、私がちゃんと連絡もして、遊びにも行かなければまた優しい彼に戻るのでは…そんな気持ちで1度だけ復縁してしまいました。

でも人間、性格なんて簡単に変わるものではないし、ましてや他人の性格を変えるなんて無理だなと思いました。
結局私がどれだけ頑張っても、信じてはもらえなくて、どこに行くにも誰とどこに何時まで、仕事のスケジュールまで把握される、少しでも予定がズレたりすると怒られる…

もう本当にダメだと思い、次は二度と連絡が取れないように実家に帰ることを決意。

軽いノリで付き合ったり、まぁ今彼氏いないし…なんて気持ちで付き合うとロクなことがないです。
そして人の性格は簡単には変えられない、どこかで見切りをつけないと私のように痛い目に合いますよ。

NEW エントリー

PAGE TOP ↑