共通の趣味で知り合った彼。遠距離恋愛で結婚を考えるも親から反対され破局。でも気持ちは変わらず、親を説得して結婚へ。

公開日: 

30代の女性です。彼とは32歳の時に知り合いました。共通の趣味がありそれを通じて知り合った方です。
その後話すたびに考えていることや思っていることが似ておりLINEだけのやり取りから、電話をするようになりました。電話をしていると、好きな音楽が似ていることもわかり、とても話しやすいなぁと思っておりました。それからというもの毎日のように仕事終わりの夜電話をするようになりました。
ある日彼から、大事な話があるから遅くなるけど仕事が終わってから連絡するとのLINE。その後電話が来て付き合ってほしいと告白されました。私は32歳ということもあり結婚も視野に入れていたため、彼に結婚する気がないなら付き合わないと言う返事をいたしました。すると彼は付き合いたいとのことで、そこからお付き合いが始まりました。
遠距離だったため会えるのは月一回。年に4回ほど私は彼のもとに会いに行きましたが、その他の月は彼が毎月会いに来てくれました。話せば話すほど、会えば会うほど、気が合うことや考え方がこんなに似ている人がいるんだなと言うことにもびっくりしました。
付き合い始めて1 年経った頃、結婚について具体的に話すこと、お互いに結婚したいと言う気持ちが固まりました。
それまでも親からは結婚はしないのかとせかされていましたが相手がいる事は伝えていませんでした。
私は親に結婚したい人がいるから紹介したいと話したところ、遠距離のため結婚後は住んでいた土地を離れること、親元から遠いことなどを理由に反対されました。
親から許しをもらいない結婚はするべきなのかどうなのか悩んだ結果彼に別れ話をしました。
彼もしょうがないと納得をし友人に戻ろうと言うことになりました。
それから連絡を取らずに心の整理がついたら連絡をするねと言う話をし、別れました。
でも彼以上に優しく一緒にいて楽しく心地の良い方はいないということに気づきました。彼も同じように思っていてくれ、やっぱり、お互いに結婚したいとの気持ちに変わりはありませんでした。
親に理解をしてもらうために、彼は私の親に何度も会ってくれ、安心をしてもらえるように接してくれ、何とか結婚の許しを得て、今は旦那さんになりました。
今は、私の結婚後の生活を両親にも伝えるようにしており、両親も安心をしてくれております。
何度も何度も両親に合わせること、また結婚してよかったと思えるように自分自自身も努力をすることが大切だなと今感じております。


PAGE TOP ↑