癌で子供が出産できなくなるかもと思い離婚。しかし後悔し再会して同棲。でも彼には好きな人がいて。。

公開日: 

四十代の主婦です。

私は27歳の頃、会社の有給休暇を利用して女性の友人と二人でハワイに旅行にいきました。

そのハワイ行きの飛行機でとなりに座っていた男性からお菓子をどうぞと声をかけられたのが元彼との出会いでした。

その時は特にお互い何も意識はしてなかったんですが、ハワイについて三日目に突然のスコールが降ってきて店の軒下で友人と雨宿りをしてしたときにまたその彼と再会しました。

彼は大学の卒業旅行にグループできていたらしくそこで私と友人は一緒にご飯を食べることにしました。

よく話をしているうちにだんだんとその彼にひかれていきました。なんと四歳年下の彼は、大学を卒業したら私の住んでいる町の会社に就職がきまっていたという偶然も重なり私と彼は帰国してからも自然に会うようになりました。

それから付き合いだして三年が経ち、私の年齢が30歳になるということでお互いが結婚を意識的し始めました。
当時はまだ晩婚化社会ではなく早く結婚しないと子供を産めないなど勝手に焦ったいたためにその三十歳の誕生日にめでたく結婚式をあげました。

しばらく穏便な家庭が続いていたのですが私の体調がすぐれない日が続きました。何日も熱が下がらずずっと体もダルくて歩くのもきつかったくらいです。
あまりのきつさに近くの病院を受診するとすぐに他の病院へ紹介されました。理由は膀胱のガンだったからです。

私はそのときほんとにショックで1日泣き続けました。二十代で膀胱のガンになるとは学会で発表させてほしいと医者からもお願いされるくらい珍しいことだったのです。

そしてすぐに私は入院して手術をしました。幸い、転移が見られずに抗がん剤は投与したものの一ヶ月ほどで退院でき彼との生活に戻りましたが、病気をした事で、私は色々なことを考え始めこのままだと私は元気な赤ちゃんを産めないかもしれないという思いが強くなっていきました。長男の嫁としての役割を果たせるのかも不安になり結局、逃げるようにして離婚しました。

それから数年ずっと後悔しました。嫌いで別れたわけではないので忘れられないのです。

そして悩んだ結果、また彼に連絡をして一緒に生活をすることになりました。しかし、実は彼には好きな人がいたみたいで結局はその人との二股の付き合いをしていたことが分かりました。

私は自分のワガママで離婚したにも関わらず、またよりを戻したいという申し入れをし彼をどこまで追い詰めていたのだろうかということに気がつきました。

彼とはもうそれから会っても連絡もしていません。縁が薄かったのかなと思いますがいい思い出もたくあんあるので彼を忘れることはありません。

いまでは違う人と結婚して子供もでき幸せなので彼のことは思い出として胸のなかにしまっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ↑