奥さんと子供がいることを隠していた外国人の彼。発覚後別れる。1年後妻と別れたと言われ復縁するも疑いがはれず3ヶ月で破局。

公開日: 

40歳の未婚女性です。3年ほど前の話になります。

元彼とは異業種飲み会で知り合いました。日本語がとても流暢だったので初めは全然気がつきませんでしたが、彼は台湾人でした。

彼も私も料理が趣味だったので意気投合し、それからほどなくして付き合うことになりました。

1年半程度までは、概ね順調に、楽しく付き合いを続けていましたが、最後の3ヶ月くらいは地獄でした。

彼には台湾に妻と子供がいたのです。

発覚したのは、異業種飲み会で知り合った仲間と飲んでいた時。メンバーの一人が出張で台湾に行った際、彼の奥さんと子供に会ったと言ったのです。
私は「へー、そうなんだー」などと言いながら、頭の中では「奥さん!?子供!?何それ!!?」とパニック状態。

彼に問いただしましたが、なかなか彼はその事を認めません。私がさらに追及すると、徐々に、奥さんとは別れるつもりだとか、私に言う機会がなかったとか言い始めました。

会うたびにけんかになり、約束もドタキャンされたりして、あの頃は本当に毎日辛かったです。気を紛らすために仕事をしていたようなものでした。(仕事というのはありがたいものです…)

挙句、最終的に決着をつけることもなく、彼は台湾へ帰って行ってしまいました。

きっちり別れたわけではなかったので、怒りや悲しみやむなしさ、あれこれと感情がわきあがり、直後はつらくてしんどくて仕方ありませんでした。ようやく地獄の日々が終わったんだ、と自分に言い聞かせるようにして、私の中で少しずつ決着をつけていきました。

それから1年後、彼から「妻と別れた。また日本に行くから会いたい」と連絡があり、今さら何を…と思いましたが、まだ新しい彼氏もいなかったこともあり、迷った末に会いました。

妻とは離婚した、これからは君と生きて行きたい、と言われ、正直私はぐらついてしまいました。彼にひどい仕打ちを受け、辛い思いをしたにも関わらず、その時の私は彼と話す楽しさ、安心感、楽しい思い出に目が曇ってしまったのだと思います。

もう2度と、私にあんな思いはさせないでね!と言い渡し、復縁することにしました。

でも、復縁した後は長く続かず、結局数ヶ月でまた別れることになりました。この時はきっぱりと私から別れを言い渡しました。

いくら彼が反省していると言っても、行動で示したとしても、彼に対しての不信感というものは簡単には消せないんだな、と実感したからです。

ちょっとしたことでも「また嘘をついているかも」「本当に仕事なの?」と、私の中で不信・不安の種が勝手に育ってしまい、自分自身をストレスにさらすことに気づいたのです。

タイミングが合わないとかちょっとした思い違いなどで分かれてしまった場合には、復縁しても幸せでいられるかもしれません。
ただ、相手からひどく裏切られたり、ひどい嘘などをつかれた場合、相手がどう変わろうとも自分の中に刻み込まれた不信感を拭い去ることは、かなり難しいと思います。

復縁を考える時こそ、「自分を大事にする」ことの意味を、自分自身に確かめるチャンスなのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ↑