大学時代につきあった彼女。就職内定直後に別れることに。ゼミOBのコンパで彼女と再会し復縁。

公開日: 

 26歳の男性です。現在の彼女とは、大学の学部生だった頃に付き合い始めました。今回は、成功した復縁について書きたいと思います。
 彼女と出会ったのは、学部3回生のときに参加した学部ゼミでした。彼女とは、ゼミの顔合わせのときに一目ぼれしてから、ゼミコンパの際に連絡先を聞き、そこから何度か食事に行った後に付き合うことになりました。
 ただ、自分が大学で研究を続けたいために大学院に進学することが決まったこともあり、当初から、民間企業への就職を考えていた彼女とは、色々な意味で距離が生まれていきました。
 特に、大学4回になる3月以降の、就職活動が本格化する時期は、それまでの時期と比較すると、一緒に過ごす時間がめっきり減りました。だんだん直接顔を合わせる時間を取るどころか、携帯で連絡を取ることすら減っていき、結局、彼女の内定が決まった直後に別れることとなり、ゼミで顔を合わすたびに、気まずい思いをしながら卒業までの時間を過ごしました。
 その後、端的に復縁のきっかけとなったのは、ゼミOBのコンパで彼女と会ったことでした。(私たちが大学を卒業し、彼女が)就職してから2年が経ったときに、ちょうどその時期に彼女は、就職した会社の退職を考え始めていたこともあり、その席で相談を受けたというきっかけもあり、本当にしばらくぶりにLineで連絡を頻繁に交換することになり、二人で食事に行くようになり、しばらくして復縁することになりました。
 正式にもう一度付き合おうと伝えたときには、学部生のときに別れたときは、ちゃんと話さずになんとなく別れてしまって後悔していることを素直に話しました。
 それとまだ院生のままの自分と復縁してくれたのは、彼女がおそらく社会人になってからとても苦労し、変化せざるを得ない環境にいるだけに、たぶん学部生の頃から何も変わらずにいた自分のことを肯定してくれたし、安らぎを感じてくれたのだと思います。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ↑