遠距離で彼のもとにいく覚悟ができず別れを決断するも辛くて復縁。そんな自分が許せなくて別れを決断する。

公開日: 

私は41歳の女性です。元彼とは、私が大阪に仕事の関係で一人暮らしをしている時に出会いました。

出会いは、その時の同僚からの紹介でした。関西人ということもあって最初はとにかくよくしゃべるところになじめず、

付き合うことなどはまったく考えていなかったのですが、何度かグループで遊んでいくうちに、実は繊細で真面目なところが

あったり、弱かったりすることを知り、また音楽やお笑いの趣味が合うこともあって、自然と付き合うことになりました。

彼は大阪に実家のある長男で、私は神奈川に実家があり本社が東京にある会社の勤務だったため、

いつかは必ず大きな決断をしなくてはならないことは認識していましたが、

なるようになる、と思い彼とは真剣に向き合っていました。

そして、3年近くが経ったころ、恐れていた私の転勤が現実となり、関東に戻ることになりました。

それでもお互いの気持ちは強かったので、ある程度の期間は長距離恋愛となっても、

いつかは一緒になれると二人とも思っていました。

しかし、時間と距離は思っていたよりも残酷で、なかなか仕事の休みが合わなかったり、

お互いが多忙になるうちに、徐々に毎日の連絡も少しずつ減っていきました。

長男の彼に関東に来させることは到底できず、

私も関西の馴染まない環境に暮らすだけの決心がつかない、

そんなジレンマを抱え続けたまま、結局は覚悟を決めることができず、

最終的に私から別れを告げました。

本当に大好きで、いつか必ず一緒になれると信じていた分、

それが現実とならなかったショックと、別れを切り出した自分が許せない日々が続きました。

別れた後もどうしても声が聞きたくて、泣きながら電話をして相手を困らせたこともありました。

事実上の「復縁」で一時的にまた毎日連絡をとりあうようになり、

中間地点の名古屋や京都で何度か会ったこともありました。

でもそんな勝手な自分が本当に許せなくなって、

二度と後ろを振り向かずに、前を向いて歩くことに決めました。

彼には本当に感謝の気持ちしかないです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ↑