仕事のいそがしさで別れた彼女。復縁を求めるも受けいられず、数年後お互いに別な相手と結婚。SCで出会い動揺する。

公開日: 

私は現在40歳で、妻と子どもが2人います。
私には忘れられない失恋があります。
もう26年前の話です。

当時、私は24歳でレストランチェーンで働いていました。
大学生の時から付き合っていた彼女と付き合って3年程でした。

私は副長に昇進した頃で、残業が増え、休みはほとんどありませんでした。
彼女は事務職だったので、基本的に土日祝日が休みで、仕事は9時から17時まででした。
当然、私とはすれ違いの勤務時間で、ほとんど会うことができず、辛うじて電話をする程度でした。

程なくして、彼女にフラれました。

やはり寂しかったのでしょう。
おまけに私は仕事に追われ、そんな彼女のことも気付くこともありませんでした。

私は動揺しました。
猛烈に寂しくなりました。
それまで打ち込んでいた仕事が手に付かなくなりました。

何とか彼女と復縁したいと思いました。

正直、楽観視していました。
ケンカした時のように、反省して謝れば許してくれると思っていました。

しかしダメでした。
頑なに断られ続けました。

そうなると私はムキになりました。
何度も電話をしたり、家に行ったりと、半ばストーカーです。

友人は「少し頭を冷やせ。追いかければ追いかけるほど逃げるぞ」と私を諫めてくれましたが、私は聴きませんでした。

しかし、まもなく終わりました。
彼氏ができたと告げられました。

それまでの狂気的な熱量もアッサリなくなりました。
その時初めて、悲しい気持ちになりました。
完全に終わったんだなと実感しました。

それから失恋を忘れるために、バリバリ仕事に打ち込み、気付いたら、失恋からも立ち直り、店長に昇進していました。

その後、今の妻と出会い、結婚しました。

一度だけフラれた彼女と出会いました。

5年前、家族とショッピングセンターに行った時です。
向こうから彼女が家族連れで、歩いてきました。
お互い声はかけませんでしたが、確実に目が合い、ほんの少しの間、見つめ合いました。
みっともないほど、動揺してしまいました。

まだ消化できてないんだなと思い知りました。

これが私の忘れられない失恋です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ↑