同棲そして遠距離。重いとふられその後都合のいい女に。好きになってくれる人がでて、元彼への気持ちが急にさめ自ら切ることに。

公開日: 

私は30代前半、現在は専業主婦をしています。
私が20代前半の頃、復縁を望んだ彼氏がいました。3つ年上のその彼とは、学生時代にサークル活動を通して知り合いました。

波長が合ったのかすぐに距離が近づき、程なくしてお付き合いが始まりました。学生時代から社会人1年目まで、約5年付き合いました。私の学生生活はその彼との思い出でいっぱいです。

当時、彼が私の部屋に転がり込む形で、いつの間にか同棲が始まりました。お互いに結婚を意識していたと思います。しかしながら、彼が先に大学を卒業し、遠く離れた地元に就職したのをきっかけに1年間遠距離になってしまいました。

私は、自分の卒業後に彼と一緒になるべく、彼の地元で就職活動をしていました。その頃から、「仕事が忙しい」、「学生ほど暇じゃない」などの理由で彼と連絡が取りづらくなる状況がありました。翌年、私が彼の地元に就職してからも何かと理由を付けてはあまり会ってもらえず、ついに別れ話を切り出されました。

「まだ将来の事まで考えられない、追いかけてきた私の存在が重い」との事でした。まさか別れる事になるなんて思ってもみませんでした。振られてからというもの食事も喉を通らず、泣き暮らす毎日でした。

ところが1ヶ月程経った頃から、その彼から何事もなかったかのように連絡が来るようになったのです。それをきっかけに友達として二人で会うようになりました。

体の関係もありました。彼と会う度に、「私にはまだ未練がある」、「今の状況は付き合っていた時と何が違うのか」と、言い出したい気持ちに駆られましたが、重いという理由で振られているため、その本音をグッと飲み込み、とにかく彼が離れていかないように注意しました。

彼に都合良く扱われていると薄々は感じていましたが、復縁したい一心で、彼に気に入られるように下手に振る舞いました。別れてから半年は、そんな曖昧な関係を続けていたと思います。そんなある日、別の男性に好意を寄せられている事が分かりました。

その人とどうにかなった訳ではありませんが、なぜか急に元彼に対する熱が冷めていき、フッと次へ進まなくてはと思い出したのです。自分をちゃんと見てくれる人が他にもいること、今の自分がいかに惨めかを、冷めた頭で急激に理解したのです。一気に目の前がクリアになりました。

復縁を願ってはいましたが、自分を押し殺して彼の言いなりでいる事は決して幸せではありませんでした。こちらが連絡を絶つと、向こうから頻繁に連絡が来るようになりましたが、無視を決め込みました。自分を成り下げてまで縁をつなげたい相手か、付き合いの長さが縁の深さではないと気が付くことが出来て良かったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ↑