元彼から復縁を求められるも恋愛に集中できずふってしまう。その後後悔し連絡するもすでに遅く。

公開日:  最終更新日:2018/10/21

30代、女性で主婦をしています。

これはまだ私が学生の時の話で、私が高校2年の時に春からお付き合いをしていた同じ歳の彼とは当時流行っていたコミュニティサイトで出会いました。

彼は隣の県に住んでおり遠距離で高校生と言う事もあり中々会う事は出来ませんでしたが、私と彼は毎日連絡をし合いどんどんと気持ちが盛り上がっていきました。

しかし半年が過ぎた頃に彼から元カノと久しぶりに再開をし気持ちが揺れていると言われ、とても悲しかったのですが彼が揺れているとならば一度別れた方が良いと思い私から提案しました。

彼もそれに了承し連絡も控える様になり、そして1年が過ぎて高校卒業を目前とした冬に私は夢を追いかける為上京をする決意をしていました。

上京の荷造りをしていると、1通のメールが届きそれはあの時に別れた彼からでした。

彼はその後元カノとは復縁をせずに私の事を考えて悩んでくれていた事を打ち明けられ、私達は元の関係へと戻る事になったのです。

ですが二人の間に空いた時間の中で私は夢を追いかけたり、友人との時間が大事となり結局はすぐに振ってしまいました。

彼の事が好きな気持ちはありましたが、何故か恋愛に集中が出来なかったのです。

卒業式を終えて友人達と校舎を見回し、数々の思い出に浸っていると友人から彼の事を話す時の私は輝いていたしきっと心のどこかでまだ好きでいるのではないかと言われ私は何故彼を最後には遠ざけてしまったのかと後悔しました。

別れを繰り返し、また元に戻りたいなど都合が良過ぎていましたが彼の事を好きで今もそうだったのだと気付きその晩に彼に連絡をしました。

彼はすぐに返事をくれたので、電話で話す事になりしばらくぶりに聞く彼の声はどこか大人びていた気がしました。

お互いの卒業式の話や今までの事を話したり、別れていたとは思えない程に会話は進み楽しい時間を過ごせたのです。

私は彼に思いきって今の気持ちを伝えました、すると彼も私と同じ気持ちだと答えてくれました。

その瞬間二人の間に沈黙が続き、次の言葉が思い浮かばずただ時間が流れていきました。

すると彼から地元を出て遠くに就職する事を伝えられ、大好きだったと言われました。

私はそれが復縁を望めない事だと分かり、私も彼に大好きだったと涙をこらえて言いました。

電話を切り、私は涙を流し苦しくて何日間かご飯も喉を通らず何度も自分の情けなさに後悔をしました。

家に籠るばかりでは何も変わらないと思い友人に会ったり、家族とご飯を食べたり辛いけれど彼との思い出を辿っていったりもしました。

そして上京をしてすぐに新しい友人や仕事や趣味で時間を目一杯使う様になっていったある日、ふとこれが二人の本当の進む道だったのだと思ったのです。

もしかしたらもっと早くに気持ちを伝えたり、別れを言わなかったら今も仲良く過ごしていたかもしれません。

時間は限られているので、今誰かを想い復縁を望むならすぐに行動をした方が良いのだと思いました。

あれから数年が経ち彼から結婚をしたと連絡があり、私もその数年後に結婚をしました。

寂しくて、何度か思い出す事はありますがあの時の二人は今では良い思い出です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ↑