漁師という相手の生活の不安定さに目がいって破局。その後復縁を望むもLINEをブロック

公開日:  最終更新日:2018/10/18

 31歳の女性です。居酒屋で相手からナンパのような形で出会い、お酒好きなので話も合うことから交際に発展し、25歳から28歳まで3年間交際した彼がいます。

彼とは話も食事の好みも合い、年齢も近かったので、彼氏として交際するには楽しかったのですが、天候に左右されて給料が不安定だと感じる、いわば自営業の漁師の彼との結婚は、将来厚生年金に恵まれたサラリーマン家庭で育った私にとっては、お金の面で現実的にも未来的にも不安があり、私は一人っ子で子供がそこまで好きでないため、絶対に子供を1人しか産みたくないけれど、彼や彼の両親は子供好きで漁師の跡継ぎを望んでいるということが重荷で、プロポーズを断って別れたことがあります。

 その3か月後彼と別れたことを知った職場の同期と半年ほど交際したのですが、食の好みや金銭感覚が合わず破局に至っています。

3年交際した彼と同期の彼を比べてしまい、もったいないことをしたなあと気づいたので、破局から約1年ぶりに彼にラインをダメもとで送ると返信が来て、それから何気ない日常会話をすることで、彼が今もフリーであることを知り、思い切ってやり直さないかと提案したら、「漁師の妻になる覚悟が足りないお前は、自分の漁師仲間との交流もしなければいけない漁師妻は無理だ、今は気の合う元カノとしか見れない、今度親が漁師の娘と見合いするんだ」と言われ、その後ラインブロックされた経験があります。

 まだ起こるかどうかもわからない、起こってもいない未来ばかりを心配しすぎないことは大切です。私は本人の良いところを知っているはずなのに、条件ばかりに目を囚われて彼の良い部分をシャットアウトしたせいで、本当に大切な未来のパートナーを失って今も独り身です。

結婚には男性の経済力や安定が確かに大切なのはわかりますが、相手本人が働いていて性格も良いのに、「不安定さ」で迷いがある場合、自分だけで自己完結して答えを決めるのではなく、両親や友人など第3者に相談して意見を貰って、自分も冷静になって最終判断を下すことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ↑