彼女の地雷を踏んで1時間後に破局。その後謝罪するも復縁は不可能だった。

公開日:  最終更新日:2018/10/17

19歳男、会社員してます。元彼女、あの子とは高校で知り合いました。

全寮制の学校で男女比3:1だったので競争率が凄く高かったです、当初は女性恐怖症を患っていましたがクラス一の美人なあの子を見たときにビビッときてしまって一目惚れです、合唱コンクールを控えていて練習で居残りすることも多くありました、そんなときに勇気を出してライン交換をお願いしました、今思い出してもキモい男だなと感じます。女の子と話をするのが苦手だから克服するために手伝ってとお願いをし、その後仲良く下校をするようになり、気持ちを抑えきれず告白して付き合いました。

付き合って10日程過ぎたときにずっと封印していた下ネタ、処女が一番だわの一言で地雷を踏んでしまったのです、実はあの子は付き合う直前まで年上の彼氏が居て….もうバージンは別の男にささげていたのです、あの子は衝撃を受けたようで、その会話をした1時間後に別れを切り出されました、粘りに粘って別れない!別れたくない!電話しよう!とメッセージを送っても無理、電話したくないとの返事だけでマジでへこみました、その後結局別れました。

別れた当初は本当に悲しかった、処女じゃないのもそうだし、声も顔も身体も全部タイプで僕の悲しみは東京湾くらい深かったですね…死んでやろうかと思ったくらいで2ヶ月くらいは死を考えていました

その後別の女の子(処女)と付き合って気を紛らわすことにしましたが、クラスであの子の顔を見るたびにまた付き合えないかなと思う自分が居ました、どうやっても別の子では寂しさが補えない状態でしたね。

その後、別の子と喧嘩別れをした頃にあの子から、彼氏とけんかしたーとメッセージが、僕は有頂天、これいけるんじゃねえかと思って公園デートに誘ったり、学校で遊んだり….はしましたがあの子は今の彼氏が大好きな様で振られたら死ぬと言っていて僕の入る隙はないんだな、ただ寂しさを誤魔化したいだけなんだなと痛感しました、あれから3年たちますが今でもあの子からのメッセージを楽しみにして仕事をしていて、どうにか付き合えないものかと悶々とする日々です。

それ以来、女の子へ下ネタを話すときは気をつけるようにしています…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ↑