同棲して1年後結婚を求めるも年収の低さを理由に断られその後破局。実家の近くで鉢合わせ「もう私の所には来ないで!」と

公開日:  最終更新日:2019/03/03

私は、現在31歳の男性です。
私は、今から6年前に婚活パーティーがきっかけで元彼女と知り合いました。
彼女とは同い年で、お互いアニメ通ということもありすぐに意気投合しました。
そして、交際二年目で神奈川県内のアパートで同棲を始めました。
未婚のまま彼女と暮らしていてもいいかなあと感じてはいましたが、友人たちがどんどん結婚していた時期だったこともあり、私は次第に彼女との結婚を真剣に考えるようになりました。
彼女との同棲を始めて丸一年が経ったある日、私は思い切って彼女に結婚の話をしました。
私との同棲生活をOKしてくれたのですから、きっと彼女も結婚には前向きだと期待していました。
しかし、彼女ははっきりと「あなたとの結婚は考えられない」と告げてきました。
理由は、私の年収の低さでした。
彼女に結婚の意思がないと知り、私はなんだか彼女と同棲生活を続けるのがバカ臭くなってきてしまいました。
彼女も、次第に私との生活のしづらさを感じてきたようでした。
そして、ある朝私が目覚めると、彼女は忽然とアパートから去っていきました。
年齢も28歳となり、いよいよ本格的に婚活に臨まなければいけなくなった私は、彼女が去ってからすぐに新たな出会いを求めて結婚相談所や婚活パーティに参加しました。
しかし、真剣な出会いを求める婚活は、以前のような恋人探しの感覚で参加していた婚活とは大きく違い全く楽しくなく、精神的にも肉体的にも疲れるだけでした。
再開した婚活に行き詰まり自宅でぼーっとしている時、私はつい出て行った元彼女のことを思い浮かべてしまっていました。
あの時彼女の為にもっと給料のいい会社に転職していれば…もっと彼女の気持ちに寄り添ってあげられたら…などと考えていると、いてもたってもいられなくなりました。
ある日私は、こっそり元彼女の実家の付近を歩いてみることにしました。
元彼女の実家の前に差し掛かると、たまたま元彼女が家から出てくるところで、完全に鉢合わせになってしまいました。
私は、咄嗟に作り笑いをして「元気にしてる?」と話しかけました。
元彼女は、「もう私の所には来ないで!」と言って足ばやに逃げていきました。
これ以上元彼女に付きまとうとストーカーになってしまうので、この日以来もう二度と彼女にコンタクトはとりませんでした。

 皆様も、失恋後は未練がましく元恋人のことを考えるより、次の出会いに時間を使った方が良いと思います。

NEW エントリー

PAGE TOP ↑